大谷翔平、見逃し三振に「NO!」 球審の判定に女性ファンも“激おこ” 解説はジェスチャーの別の意図を推察
【映像】大谷以上に「激おこ」の女性ファン »

【MLB】エンゼルス2-6マリナーズ(8月15日・日本時間16日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場。1点ビハインドで迎えた3回の第2打席は見逃し三振に倒れたが、球審の判定に思わず首や手を振って不満を露わにする一幕も。その後、リプレー映像でスタジアムで観戦していた女性ファンが球審の判定に対して“大谷以上”に不満を露わにする様子が流れたが、解説は大谷のこのリアクションに別の意図を推察、説明。視聴者からも共感の声が寄せられた。

【映像】大谷以上に「激おこ」の女性ファン

 3回裏、無死一塁で打席に入った大谷。フルカウントからマリナーズ先発・カスティーヨの投じた98マイル(157キロ)の速球の前に、やや腰を引くような感じで見逃し三振に倒れた。

 本人は自信を持って見送ったか、ベンチに戻る際、大谷は思わず首と手を振るリアクションで球審の判定に対する不満を露わにした。その後の現地リプレー映像では、女性ファン2人組が「入ってないよ!」と大谷以上に強烈な不満を示すようなシーンも。

 これに対してABMEAで解説を務めたAKI猪瀬氏は「大谷のリアクションは『あそこに投げられたらもうダメだ!』っていう感じのリアクションだったんじゃないですかね?」と推察。ABEMAの視聴者もまた「そのリアクションだよ」「あの球は打ててファール」「いいとこへ投げられた」など、AKI氏の考察に同調する声が多く寄せられていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】アシストホームランの決定的瞬間
【映像】大谷以上に「激おこ」の女性ファン
【映像】大谷以上に「激おこ」の女性ファン
大谷翔平、初回にソロ被弾→相手野手が交錯で「同点弾」をプレゼントの珍事 “アシスト”ホームランに「救われた!!」視聴者騒然
大谷翔平、初回にソロ被弾→相手野手が交錯で「同点弾」をプレゼントの珍事 “アシスト”ホームランに「救われた!!」視聴者騒然
SPOTV NOW
SPOTV NOW