大谷翔平、相手野手に「ちゃんと投げてよ!」 返球が“あわや”直撃でヒヤリ おどけたリアクションに反響
【映像】「危機一髪」におどける大谷翔平 »

【MLB】エンゼルス2-6マリナーズ(8月15日・日本時間16日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・投手」で先発出場。8回に内野安打で出塁すると、後続のヒットで三塁へ進んだが、その際に相手左翼手の返球が体に当たりそうになり、咄嗟に体をくねらせてかわすと、直後におどけながら相手野手に抗議をする一幕があった。

【映像】「危機一髪」におどける大谷翔平

 8回裏、2死一塁で打席にはウォルシュ。マリナーズ・ムニョスに対しカウント0-2からレフトへフライを打ち上げると、これが遊撃手のクロフォードと左翼手のラムの間に落ちるヒットとなった。2死ということもあり滞空時間を活かして激走していた大谷は悠々と三塁へ到達。しかしこの際、レフトからの返球が大谷にぶつかりそうになり、大谷は思わず体を「く」の字に曲げて直撃を回避した。

 その後、三塁手・スアレスの捕球とタッチを確認すると、大谷はすぐさまレフト方向へ「ちゃんと投げてよ!」といったように右手を振っておどけた表情で抗議をした。これに視聴者からは「大谷に当たりそうだったwww」「危ないwww」「大谷おこ」と反響が寄せられた。

 ABEMAで実況を務めていた上野智広氏は「危ない、なんとかバランスを保ちましたが」とこのプレーに触れると、解説の真中満氏も笑いながら「大谷は楽しんでますね!オールスターみたいな雰囲気。相手の外野手をイジったりして」と、真剣勝負の中でもあくまで野球を楽しみ、良い具合に肩の力が抜けている大谷を評価していた。

 なお、エンゼルスは9回表に登板したループが誤算。暴投と捕手の送球ミスが重なるなど苦い展開もあり、一挙4点を失い、2-6で敗れている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷以上に「激おこ」の女性ファン
【映像】「危機一髪」におどける大谷翔平
【映像】「危機一髪」におどける大谷翔平
大谷翔平、見逃し三振に「NO!」 球審の判定に女性ファンも“激おこ” 
大谷翔平、見逃し三振に「NO!」 球審の判定に女性ファンも“激おこ” 
SPOTV NOW
SPOTV NOW