大谷翔平の打球が速すぎてシフトが意味なし 約182キロの超速ゴロでライト前ヒットにファン「カメラ追えてないぞ!」
番組をみる »

【MLB】レンジャーズ-エンゼルス(9月21日・日本時間22日/アーリントン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。1回の第1打席で初球を狙い打ち、速い打球がシフトの間を破るライト前ヒットを放った。これで大谷は7試合連続ヒットとしている。

【映像】大谷、超速ゴロでシフト破るヒット

 2死走者なしで第1打席を迎えた大谷は、レンジャーズ先発ダニングの初球、真ん中低めに入ってきたシンカーを狙い打った。鋭いゴロがあらかじめ一二塁間に野手を集めていた大谷シフトの間を抜け、ライトに達するヒットに。打球速度は112.8マイル(約181.5キロ)を記録した。

 大谷の打球スピードにABEMAの視聴者も「狭いとこ抜いてくなー」「カメラ追えてないぞ!」「大谷シフト粉砕」と驚いた様子。7試合連続ヒットと好調さを見せる大谷に「初回からヒットキターーー」「簡単にヒット打つなあ」「おーかっこいいー」といったコメントも寄せられていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』) 

【映像】大谷、超速ゴロでシフト破るヒット
【映像】大谷、超速ゴロでシフト破るヒット
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW