大谷翔平、日米通じて自身初のシーズン200奪三振達成!日本人選手4人目の快挙は驚異の奪三振率で達成
番組をみる »

【MLB】ツインズ-エンゼルス(9月23日・日本時間24日/ミネソタ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場し、4回に日米通じて自身初となるシーズン200奪三振を達成した。シーズンの規定投球回「162」のクリアについても注目が集まる中、日本人選手としては4人目となる大台到達。開幕投手を務めて以来、一度も先発ローテーションを外すことなく上げ続けた大谷が、偉大な先輩たちにまた一つ肩を並べた。

【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間

 今季も投打二刀流として大活躍してきた大谷だが、投手として成績は前日までに148回を投げ13勝8敗、防御率2.43とメジャーでも屈指の成績。開幕投手を務めてから一度も先発ローテーションを外れることなく投げ続け、奪三振数は日米通じて最多タイの197個まで積み上げていた。メジャー挑戦以来では最速となる101.4マイル(163.2キロ)を出した他、縦や横に大きく曲がるスライダー、鋭く落ちるスプリットに加え、ストレート以上の球速を出しながら右打者の内角低めをえぐるように曲がるツーシームを習得。メジャー5年目にしてさらなる進化と果たしている。

 過去、日本人投手で200奪三振を達成したのは野茂英雄(4度)、松坂大輔(1度)、ダルビッシュ有(4度)の3投手だけ。前日までの奪三振率は先発投手として驚異の「11.92」をマークしており、打者を追い込んでからはストレート、変化球、どちらも決め球として狙って三振を取りに行っている様子が見える。

 自己最多となる200奪三振に大台をクリアした大谷にとって、この試合を含めて3試合と思われる登板チャンスで成し遂げたいのが、規定投球回だ。既に規定打席には到達しており、シーズンの規定投球回にも届けば、史上初となる「規定打席&規定投球回」のダブル達成となる。ア・リーグでは、ヤンキースのジャッジが記録的なペースでホームランを打っておりリーグ記録の更新は目前だが、大谷も節目の200奪三振をクリアした後は“ダブル規定”を成し遂げ、2年連続ア・リーグMVPを狙う。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間
【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間
【映像】折れたバットが直撃しかけた大谷翔平
【映像】折れたバットが直撃しかけた大谷翔平
【映像】低い気温と大雨に苦戦する大谷翔平
【映像】低い気温と大雨に苦戦する大谷翔平
SPOTV NOW
SPOTV NOW
SPOTV NOW
【映像】大谷翔平、シーズン200奪三振を達成した瞬間