永瀬拓矢王座が防衛4連覇か 豊島将之九段が初奪取か 先に“王手”をかけるのは?注目の第3局/将棋・王座戦五番勝負
番組をみる »

 将棋永瀬拓矢王座(30)に豊島将之九段(32)が挑戦する第70期王座戦五番勝負は9月27日、京都府京都市「ウェスティン都ホテル京都」で第3局の対局を開始した。これまでの2局で、ともに1勝1敗。防衛4連覇を目指す永瀬王座か、初奪取を狙う豊島九段か、先に王手をかけるのはどちらか。

【中継】永瀬王座VS豊島九段 注目の第3局は京都対局

 永瀬王座は2009年10月に四段昇段。竜王戦1組(1組:5期)、順位戦A級(A級:2期)。タイトルは叡王1期、王座3期の計4期で、棋戦優勝は2回。将棋に対するストイックな姿勢から「軍曹」と呼ばれ、研究量ではプロの中でも1、2を争うと言われている。王座戦は2018年度に斎藤慎太郎王座(当時)に3-0で勝利。以降、久保利明九段、木村一基九段の挑戦を退けてきた。4連覇を目指す今期の挑戦者は強敵・豊島九段と一進一退の攻防戦が繰り広げられている。

 豊島九段は2007年4月に四段昇段。竜王戦1組(1組以上:9期)、順位戦A級(A級以上:6期)。タイトルは通算6期、棋戦優勝は5回。今期の王座戦は近藤誠也七段(26)、丸山忠久九段(51)、木村一基九段(49)、挑戦者決定戦で大橋貴洸六段(29)に勝利して2014年以来2度目の五番勝負に上り詰めた。今夏、平行して挑戦していた王位戦七番勝負は藤井聡太王位(竜王、叡王、王将、棋聖、20)に退けられたが、王座奪取に向けてより一層の集中力を高めている。

 第1局は、永瀬王座の先手番で角換わりの出だしから、終盤の激しい攻防戦を豊島九段が制した。第2局は異例の超スピード戦から千日手へ。指し直しの大激闘で永瀬王座が勝利した。シリーズはともに1勝1敗。4連覇を狙う永瀬王座、2014年以来2度目の王座挑戦から初奪取を狙う豊島九段、本局を制し先に王手をかけるのはどちらか。持ち時間は各5時間で、先手は永瀬王座。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第70期 王座戦 五番勝負 第三局 永瀬拓矢王座 対 豊島将之九段
【中継】第70期 王座戦 五番勝負 第三局 永瀬拓矢王座 対 豊島将之九段
将棋・9月26日週の主な対局 27日に王座戦五番勝負第3局 永瀬拓矢王座VS豊島将之九段