萩原聖人、開幕戦から魅せまくり!いきなり役満テンパイで視聴者が興奮MAX「ハギー見せてくれよ!!」「スーパースター」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 やはりこの男はこうでなくちゃ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」10月3日の第1試合、“面白い麻雀”を掲げ、リーグの看板選手として5年目のシーズンに入るTEAM雷電・萩原聖人(連盟)がいきなり役満・四暗刻をテンパイし、ファンの注目を集めた。

【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情

 3着目で迎えた南3局、親も落ち、自身と2万8800点差のトップ目セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)を逆転するには大物手が必要な場面で、萩原は5巡目に長考。暗刻が1つ、対子が3つというゴツゴツした手から、リャンメンターツを落として、対子手の高打点へ舵を切った。実況の日吉辰哉(連盟)はこれを見て「四暗刻狙いのリャンメン払いだ!」とボルテージを上げた。

 10巡目に2つ目の暗刻ができると空気が変わる。欲しい牌はまだ山に残っていることが確認されると、視聴者も「ハギー見せてくれよ!!」「スーパースター」「それは伝説すぎるぞハギー」「ざわざわ... ざわざわ... ざわざわ...」と沸き立った。待望のテンパイは12巡目。3つ目の暗刻ができると、萩原はライバルを抑え付けるためにリーチ。9索と7筒の待ちのうち、7筒は山に1枚残っている。ファンが声援を送り、日吉も「開幕戦から四暗刻あるか!」と声を枯らす。

 その後、親のKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)から追っかけリーチが入り、一発でツモられたことで惜しくも萩原の役満は実らず。しかし開幕戦から役満のテンパイ、リーチまでこぎ着けた見事な戦いぶりに視聴者は納得。「ハギー魅せたなw」「萩原聖人、ないすぅ」「ハギーよくやった」と多くの反響が寄せられた。

 なおこの日の第2試合でKONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)が同じく役満・四暗刻をツモ。リーグ史上初の開幕試合における役満を記録している。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人
【映像】開幕戦について語る魚谷侑未と鈴木優の2人
【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻
【映像】開幕戦から飛び出した伊達朱里紗の役満・四暗刻
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情
【映像】萩原聖人、役満テンパイに気迫の表情