なぜそんな危険牌が通せる?堀慎吾、天才的な読みで放銃回避 熱血実況も「変なの出た!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 トッププロの妙手は、解説の予想も裏切った。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月14日の第1試合、KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)が放銃回避のスーパープレーでファンを沸かせた。

【映像】周囲も仰天した堀慎吾の無筋切り

 東4局、親のTEAM雷電・萩原聖人(連盟)からドラの六万切りリーチを受けた堀は、追いつくには遠い愚形含みのリャンシャンテン。解説を務めていた石橋伸洋(最高位戦)は「(現物の)六万か(自分の都合でまっすぐ打つ)7筒以外にない」と断言した。萩原の待ちは4・7筒、自己都合で打てば放銃となる。

 しかし堀は小考の後に無筋の七万切り。これに驚いた実況の日吉辰哉(連盟)は「うわー!なんだこれ、変なの出た!」。石橋も「なんだこりゃ!」とびっくり。視聴者も視聴者も「7m!??!?」「天才すぎるw」「相変わらず意味が分からんww」「なにかが見えている」と、一時騒然となった。その後に堀は1索を引くと、七万を並べ、ベタオリの構えに。結果はセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)のツモアガリとなり、堀は放銃を防ぎ、この局を終えた。

 試合後のインタビューで堀は「張る前に3筋押さなきゃいけないことが確定していて、ちょっとそれはあまりにも…」としながらも「六万を抜いちゃっても結局安牌が1枚もないんで、次に手詰まって、アガリがない手から1枚切るというのがすごい損に思えたので、比較的通りやすいワンチャンスの七万を切って、次のツモが有効牌だったらまっすぐ。危険牌だったらもう六万、七万、四万と切っていってオリようと」と説明した。

 これには視聴者からも「さすがや」「分かりやすい」「すごいバランス」「繊細やなぁ」と納得の声が寄せられていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】満面の笑みでポーズを決める伊達朱里紗
【映像】満面の笑みでポーズを決める伊達朱里紗
【映像】周囲も仰天した堀慎吾の無筋切り
【映像】周囲も仰天した堀慎吾の無筋切り
【映像】「出直します!」と大声で復活を誓う萩原聖人
【映像】「出直します!」と大声で復活を誓う萩原聖人
【映像】「出直します!」と大声で復活を誓う萩原聖人