何が来たら何待ちになるの?難解な清一色の受け入れ・テンパイ形に混乱する視聴者が続出「ん?なにこれ」「何切る問題に出てきそう」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 門前で6翻、食い下がりで5翻となる清一色。役満を除く通常役の中で最も高い役だが、頭・面子を含めて全て1種の牌だけを使用することから、難解な手牌となることも少なくない。

【映像】受け入れ・テンパイ形が悩ましい清一色模様の手牌

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月15日第2試合の南3局4本場でも同様だった。この時点で-8100点と箱下に沈んだEX風林火山の二階堂瑠美(連盟)。どうにか浮上したい彼女の配牌には赤の五万を含めて7枚のマンズが並んでいた。第1ツモも一万。ここで実況が「大きく狙えそう。マンズの染め手が見える」と反応すると、その予想通り、瑠美は染め手に着手する。次巡で八万、その次巡で九万、さらにその次巡で六万を引き寄せると、「瑠美さん、すごそう」「メンチンだ」とファンも熱狂。その後、再び九万を引いて混一色の型でテンパイするも、瑠美は対子の東を捨てて清一色への道を選択した。

 程なくして下家の渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)が7巡目でリーチをかけたが、猛進した瑠美は11巡目で三万を引き、遂にイーシャンテン。その手牌はどのマンズを引いてもテンパイ、引いたマンズによってテンパイ形もいろいろ変化するという型となり、この幅が広すぎる型にはファンも「え?なに?ん?なにこれ」「メンチン、激広」「「待ちわかんねーw」「何切る問題に出てきそう」「待ちクイズ」と混乱の様子だった。結果、この局は松本が3900点(+1200点)をアガり、清一色は成就せず。瑠美は-9100点の4着で試合を終えた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】笑顔が弾ける二階堂亜樹
【映像】笑顔が弾ける二階堂亜樹
【映像】周囲を唖然とさせた鈴木たろうの打ち回し
【映像】周囲を唖然とさせた鈴木たろうの打ち回し
【映像】受け入れ・テンパイ形が悩ましい清一色模様の手牌
【映像】受け入れ・テンパイ形が悩ましい清一色模様の手牌
【映像】受け入れ・テンパイ形が悩ましい清一色模様の手牌