やつが来た!「シャアだー!」熱血実況、絶妙な選択からの西でツモアガリに絶叫/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 わずか残り1枚を手繰り寄せるアガリに、放送席は絶叫だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月17日の第1試合、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)がラス牌の西をツモ。その際に熱血実況で知られる日吉辰哉(連盟)は「シャアだー!」と叫び、視聴者からは大きな反響が寄せられた。

【映像】熱血実況が「シャアだー!」と叫んだシーン

 南3局、たろうの手牌はマンズと字牌で溢れんばかり。まず九万をポン、さらに中を暗刻にしてテンパイし、待ちは西と一万のシャンポンを選択した。裏目となる五万をツモるも、淡々とツモ切り。その2巡後、ラス牌の西を引き寄せた。

 ホンイツ・西・中・ドラ2の1万2000点のアガリ。この瞬間、日吉は「シャアだー!」と絶叫。さらに「何でもアガるぞ鈴木たろう!逆転!」と興奮を隠せない。視聴者からも「西だ、西だ、西だ!」「シャアだーw」「ゼウスの選択やばすぎる!」「バケモン降臨」「ゼウス最高だ!!」とコメントが連投された。

 MリーグではKADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)がTEAM雷電・黒沢咲(連盟)による西待ちの四暗刻単騎へ振り込んだことから、何かと西について語られることが多く、今回も熱血実況・日吉が大声で「西(シャア)だー!」と叫び、試合は大いに盛り上がった。

 またこの日、11月17日は「機動戦士ガンダム」の人気キャラである「シャア・アズナブル」の誕生日。これに乗る形となったかは定かではないが「反逆(正しくは逆襲)のシャア」など「シャア」に関するコメントも寄せられていた。なおこの試合はたろうがこのアガリを活かして逆転、日またぎとなる連投で、自身2連勝となるトップを決めている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】ご満悦の鈴木たろう
【映像】ご満悦の鈴木たろう
【映像】白鳥翔の跳満が炸裂した瞬間
【映像】白鳥翔の跳満が炸裂した瞬間
【映像】熱血実況が「シャアだー!」と叫んだシーン
【映像】熱血実況が「シャアだー!」と叫んだシーン
【映像】熱血実況が「シャアだー!」と叫んだシーン