“魔王”に恐れるものなし 佐々木寿人、ドラ切りリーチで痛快な一発ツモ 視聴者も興奮「この卓怖くて入れんわw」「強い、そしてかっこいい!!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 豪胆、豪快。力ずくでもぎ取るようなアガリだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月17日の第2試合、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)がライバルのリーチに対してドラの白を切り、これを通して見事に一発ツモ、大いに視聴者を沸かせた。

【映像】威圧感満点、佐々木寿人のドラ切りリーチからの一発ツモ

 話題のシーンは南1局。まずはTEAM雷電・黒沢咲(連盟)が7巡目に先制リーチ。これに対してイーシャンテンの佐々木は、ドラの白も浮いていることから現物の3索を切って回し打ち。

 12巡目、赤五万を引いてテンパイすると、今度はドラの白を切って追っかけリーチ、二万と7筒のシャンポン待ちだ。視聴者は「きたきたー!!!」「いくよねーw」「正面突破「魔王がきた」と大興奮。次巡、佐々木は二万を一発で引き、リーチ・一発・ツモ・發・赤の8000点をゲット。実況の日吉辰哉(連盟)は「暴力的!ラス牌ですよ!」とこの好プレーを伝え、視聴者からは「まさに魔王」「この卓怖くて入れんわw」「何度見たことか」「強い、そしてかっこいい!!」「なんやねんこの男w」と多数の賛辞が寄せられた。

 ドラの白で放銃すれば、もれなく満貫以上の失点という大きなリスクを背負った勝負。“魔王”は迷うことなく叩き切り、リスクを負った分だけ取り返すような、痛快な一発ツモをやってのけた。解説の河野直也(最高位戦)も「勝負勘、すごいですよね」とその選択、そして結果に舌を巻いていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】快勝に5分以上しゃべり倒す園田賢
【映像】快勝に5分以上しゃべり倒す園田賢
【映像】チャンス手に見える手牌からあっさり降りる多井隆晴
【映像】チャンス手に見える手牌からあっさり降りる多井隆晴
【映像】威圧感満点、佐々木寿人のドラ切りリーチからの一発ツモ
【映像】威圧感満点、佐々木寿人のドラ切りリーチからの一発ツモ
【映像】威圧感満点、佐々木寿人のドラ切りリーチからの一発ツモ