金沢のみなさん聞こえますか!本田朋広、思い出の地へ届けるトップタイ4勝目「最高っす」「おもしいんです!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 自然と崩れる表情に、現地のファンも大きな拍手を送ったことだろう。11月22日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」第1試合では、TEAM雷電の本田朋広(連盟)が痺れる僅差の試合を逃げ切って勝利。個人連勝を飾り、今期4勝目でトップタイに並んだ。

【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広

 前回登板時は連投を任され、箱下4着とトップ。「倒れる時は前のめりに」。チームからもらった言葉を胸に、この日も自分らしい麻雀で臨んだ。起家からKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)、本田、EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)の並びで始まった当試合、東1局では佐々木、東2局と東3局では岡田、東4局では瑠美が加点。本田は虎視眈々とチャンスをうかがう中、南1局で好配牌に恵まれた。これを無駄なく打ち進め、3巡目にリーチ。トップ目の岡田も畳み掛けるべく追っかけリーチを仕掛けたが、本田は見事にアガリ牌を引き寄せてリーチ・ツモ・發の5200点(供託1000点)を奪取した。続く親番の南2局は佐々木に流されたものの、南3局ではリズム良く手を進めて4巡目でリーチ。これを一発でツモるとリーチ・一発・ツモ・赤の満貫・8000点を獲得し、2着目からトップへと躍り出た。

 オーラスでは「ああいう配牌をもらったんで、自分で決めにいこう」とピンズの染め手に着手。結果的に、それはアガリへ結び付かなかったものの、岡田が親の佐々木から2600点(+300点)をアガったことでギリギリでのトップが確定した。「自信は全くないですね」。勝利者インタビューで2回のリーチを振り返った本田は、「今日はリーチが決まってくれてよかった」とコメント。チームは先週、順位が3位から4位へと1ランクダウンしており、上位に食い込むか、あるいは下位に沈むかという大事な局面での勝利については「去年は足を引っ張っちゃったので。今日は本当、ズルズルいかないように一刻も早くプラスにしないと怖いんで、頑張りました」とし、「最高っすね」と白い歯を見せた。

 この日は「Mリーグ2022-23 全国一気通貫ツアー」のパブリックビューイングが石川県金沢市で開催されていた。本田は隣の富山県出身で、大学時代は金沢市で4年間、生活していたそうだ。「監督も、それを意識して僕を起用してくれた」。その起用に見事に応えた本田は「絶対にトップを取りたいなと(思っていた)」「今日は期待に応えられてよかった」と安堵の表情。「TEAM雷電の麻雀は…」との決め台詞では「おもしいんです!」と北陸の言葉で締め、「ありがとうございます」とファンに頭を下げた。

【第1試合結果】

1着 TEAM雷電・本田朋広(連盟)3万3600点/+53.6
2着 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)3万1100点/+11.1
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)2万5600点/▲14.4
4着 EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)9700点/▲50.3

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広
【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広
【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌
【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌
【映像】独特な手順で生まれた七対子
【映像】独特な手順で生まれた七対子
【映像】独特な手順で生まれた七対子