二階堂瑠美、自由奔放な打ち回しが生んだオリジナル七対子 実況・解説・視聴者がまとめて困惑「ミラクル七対子」「パルプンテ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 32人いるMリーガーの中でも、こんな闘牌を披露できるのは彼女くらいかもしれない。EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)が、独特な打ち回しで七対子を完成させ、実況や解説、ファンを困惑させた。

【映像】独特な手順で生まれた七対子

 11月22日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合、瑠美は東2局、親番の東3局と連続で放銃した。東2局に関しては、七対子のテンパイを崩してKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)、TEAM雷電・本田朋広(連盟)による仕掛けを回避するも、最終ツモで再びテンパイしたことで、悩んだ末に捨てた牌が岡田の当たり牌。これには瑠美も苦笑いを浮かべたが、親を流された東4局でも配牌の時点で対子が4つと、再び七対子を狙いやすい状況となった。3巡目、瑠美は1筒を引いて対子が5つに。迷わず七対子へと進むも、5巡目には親のKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)がリーチをかけた。「瑠美は今日、ツモの来方に意地悪されています」。実況も反応するほど、その後の瑠美のツモは佐々木に危ないと思しき牌を引いてしまう攻め切れない状態。赤牌を捨てるといった対応策で打ち回し、なんとか終盤には6筒単騎待ちでのテンパイへとこぎつけた。

 これには、解説も「やめている風味で七対子ドラドラをテンパイさせているところが面白いよね」とコメント。実況も「これちょっと、どこかで殻を破ったら大物手のアガリ、ありそうじゃないですか?試されてる」とする中、瑠美は4筒を引くと、これまで危険牌と予想して保持していた6筒を捨てて、その4筒待ちへとチェンジした。4筒は、山に2枚ある。この選択に「あれ?素晴らしい選択をしたんじゃないの?」「これ、アガり切ったら瑠美オリジナルですよ」と実況や解説が盛り上がると、その2巡後に瑠美は見事に4筒を手繰り寄せてツモ・七対子・ドラ2の満貫・8000点を獲得。これに「いやー、すごいね。これは驚きました」「全ての関門を乗り越えた」などと実況や解説が感心すると、ファンも「これはすごいわ」「今のはお見事」「謎すぎる」「ミラクル七対子」などと驚きの様子で、中には有名RPGゲームの何が起こるか分からない呪文「パルプンテ」の名を挙げる者もいたほどだった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広
【映像】「おもしいんです!」と方言でポーズを決める本田朋広
【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌
【映像】岡田紗佳の手も震える絶好の手牌
【映像】独特な手順で生まれた七対子
【映像】独特な手順で生まれた七対子
【映像】独特な手順で生まれた七対子