変幻自在の闘牌で6回のアガリ 軍師・勝又健志が個人連勝で「自分らしい麻雀を打っていきたい」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 アガリ回数は3連続を含めて計6回。EX風林火山の勝又健志(連盟)が、変幻自在の闘牌で他を圧倒した。11月22日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第2試合は、起家から勝又、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)、TEAM雷電・黒沢咲(連盟)の並びでスタートした。勝又は今シーズン、序盤こそ苦しんだものの、直近5戦はトップ2回、2着3回と安定感抜群。チームに大きく貢献中だ。

【映像】快勝を振り返る勝又健志

 この日も、まずは親番の東1局で挨拶代わりに7巡目にリーチをかけ、リーチ・ツモ・平和・一盃口・ドラの満貫・1万2000点を加点。早くもトップ目に立つと、東1局1本場では堀、東2局では黒沢、東3局では堀とアガる状況下では一転、実況や解説がほとんど触れないほどに鳴りを潜めた。再び攻めたのは東3局1本場、佐々木が鳴きを駆使してマンズの染め手に走るのを横目に、淡々と手を進めて2筒・5筒待ちのヤミテン。実況や解説が「寿人からは絶対、出るでしょう」「みんなが寿人のマンズに注目する中、サッとアガっちゃおうってことですか」などと予想する中、その次々巡に佐々木から赤牌の5筒が切られ、勝又は平和・赤・ドラの3900点(+300)を獲得した。

 東4局では「マンズが安い」と見るや、一・四・七万の3面待ちで構えて一発ツモで5200点を徴収。「さす軍師」「さすまた」「つえぇぇぇ」「勝又ナイス」「圧倒的勝又」などとファンを熱狂させると、続く親番の南1局ではあえての両面チーで早々に牽制し、フリテン残しのチョイスから見事にタンヤオ・赤2・ドラ2の満貫・1万2000点を奪取した。これで完全に頭ひとつ抜け出した勝又は、オーラスでも自らアガって終幕。攻めてよし、守ってよしの立ち回りで都合、5万6300点を稼いだ。

 「今日はただただ、幸運に恵まれました」。前回と同様の悠々トップで個人連勝を飾っても決して驕らない勝又は、6回アガったことについても「めちゃくちゃいい手が来てくれたんで、後はそれを逃さずにアガり切るだけ。しっかりアガれてよかったです」とコメント。これでチームは10勝目、2位に浮上したことに関しては「セミファイナルに行くために、1週間に1回はトップを取っていこうというのがチームの目標」とし、「今のところ、全ての週でトップが取れている。今週も2戦目でトップが取れたので、3戦目・4戦目はのびのびと打って、トップを取れるように頑張りたいと思います」と続けた。「ポイントも100ポイントを超えて、かなり余裕のある状況になってきましたが、まだまだこれから中盤戦というところなので、自分らしい麻雀で、みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います」。どこまでも強く、どこまでも謙虚。頼もしい軍師がいる限り、チームのセミファイナルシリーズ・ファイナルシリーズ進出は揺るぎないだろう。

【第2試合結果】

1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)5万6300点(+76.3)
2着 KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)2万4300点(+4.3)
3着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)2万400点(▲19.6)
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)-1000点(▲61.0)

【11月22日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +419.7(30/94)
2位 EX風林火山 +123.9(30/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +70.8(30/94)
4位 TEAM雷電 ▲45.8(30/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲90.9(30/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲134.1(30/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲134.8(30/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲208.8(30/94)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】快勝を振り返る勝又健志
【映像】快勝を振り返る勝又健志
【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱
【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱
【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱