飽くなき高目追求“セレブ”黒沢咲の強欲リーチ 解説者の口から「どしゅぐしゅぅ」と意味不明な言葉が出る珍事/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 セレブ打法の真骨頂か。TEAM雷電の黒沢咲(連盟)が、高目を追求し続ける打ち筋で解説者の土田浩翔(最高位戦)を驚かせた。11月22日のプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」第2試合、黒沢は東2局でKONAMI麻雀格闘倶楽部の佐々木寿人(連盟)を追いかけてリーチ。「魔王VSセレブ」などと実況の松嶋(協会)が盛り上がる中、見事にツモってリーチ・ツモ・平和・赤2・裏ドラの跳満・1万2000点を奪取した。

【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱

 「当然のように跳満」「これが黒沢」。この高打点にファンからの熱狂コメントが続いた一方、試合は東3局1本場、東4局、南1局と3連続でアガったEX風林火山の勝又健志(連盟)が優勢。どうにかトップ目に立ちたい黒沢は南2局、“らしい”打ち回しでチャンスを手繰り寄せた。ドラの4筒と赤牌の5筒がある配牌を進めるうち、七対子・ドラ2のイーシャンテンに。この時点で破壊力はあるものの、それでも黒沢は満足しない。「夢を追ってますよね」。黒沢の手牌には三万の暗刻があることから、松嶋や土田は「四暗刻も狙ってるってことですか?」と予想。その予想は対子の九万を切ったことで外れたが、黒沢はタンヤオ・赤・ドラ2が確定し、高目一盃口の役でもアガリ牌が少ないと判断したのか、リーチをせずにヤミテン。次巡で4筒2枚、赤牌を含めて5筒2枚、6筒と持つ中の5筒を引いて暗刻とすると、熟考の末に6筒を捨ててリーチを宣言した。

 ツモれば三暗刻で、シャンポン待ちの片方である4筒はドラだ。この強欲リーチには土田もその瞬間、思わず「どしゅぐしゅぅ」と言葉にならないひと言を発し、「恐ろしい」「え?ツモったら倍満!?」と唖然。結果的にこの手は成就しなかったものの、ツモのたびに土田らが「どう?」「うわぁぁぁ」とひりつき、ファンからも「カッコえー」「黒沢、本当おもしろいわ」「漢だわ」「ざわざわ」「さすがぁ」「倍満!倍満!」「えっぐい」とコメントが渋滞するなど、試合を大きく沸かせた一幕だった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】快勝を振り返る勝又健志
【映像】快勝を振り返る勝又健志
【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱
【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱
【映像】強欲リーチに解説者のコメントも混乱