勝利を照らすのは侵略の火か朱き炎か 松ヶ瀬隆弥VS伊達朱里紗、好調選手の直接対決/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグ機構は「大和証券Mリーグ2022-23」11月24日の第1試合に出場する4選手を発表した。注目はここまで個人3位のEX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)と、同4位のKONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)。どちらも昨期1年目から活躍し、今期も2年目のジンクスを感じさせない活躍ぶり。どちらも赤がチームカラーだが、今夜はどちらの炎が勝利を照らすか。

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates

 松ヶ瀬はインパクトのある見た目ながら卓上では、豪快さと繊細さがうまく噛み合った麻雀を展開する。迫力十分のアガリを見せたかと思えば、危険察知能力にも長けており、状況を見てすっと退却する決断のよさを持つ。まさに風林火山の要素を使いこなせるタイプで、今夜のリストバンドにも注目だ。

 伊達も攻める・守るの判断は、すれすれまで踏み込むというよりは、スパッと切り替えるタイプ。ただ本人は今期、少し守りに偏重していた自覚があり、放銃覚悟で前に出る意識を持ち、これがトップ獲得にもつながった。押し引きのバランスを学び成長中でもあるだけに、今期の最中にもどんどんグレードアップした麻雀が展開される。

 完成度の高い雀士として今期からMリーグ入りしたのがU-NEXT Pirates・仲林圭(協会)。オーソドックスな麻雀を打つと言われるが、相手のテンパイを察する能力も非常に高く、少しの異変にも気づき、相手のアガリ牌をそっと手牌に収めてしまうこともある。開幕当初の苦戦も落ち着き、そろそろプラス域に浮上してもいいころだ。

 期待値集団・赤坂ドリブンズからは丸山奏子(最高位戦)が出る。先輩たちの麻雀を吸収しながら戦う日々だが、今期はまだ結果につながらず苦戦中。ただ実戦でしか学べないことも多く、何より強豪相手に勝利して自信をつけることが選手としてのたくましさにつながる。成長の糧にするには申し分ない相手が揃う卓だ。

【11月24日第1試合】

赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)個人27位 ▲149.3
EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)個人3位 +170.8
KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)個人4位 +152.4
U-NEXT Pirates・仲林圭(協会)個人21位 ▲49.2

【11月22日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +419.7(30/94)
2位 EX風林火山 +123.9(30/94)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +70.8(30/94)
4位 TEAM雷電 ▲45.8(30/94)
5位 U-NEXT Pirates ▲90.9(30/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲134.1(30/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲134.8(30/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲208.8(30/94)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates
【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates
【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsPirates