いくら好き、ここに極まる?松ヶ瀬隆弥、丸い5筒で3回連続アガリの超ラッキー/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 いくらを愛する者には、麻雀でも丸いものが集まってくる?プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月24日の第1試合で、EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)が5筒で3回連続アガリを決め、その幸運に視聴者から大きな反響が寄せられた。

【映像】5筒でアガりまくる松ヶ瀬隆弥

 松ヶ瀬は先日、鮭をさばいて、いくら醤油漬けを作り、チームメイトに振る舞った。その後、勝又健志(連盟)が試合前にそのいくら醤油漬けを使用した「いくらチャーハン」を食べたところ、見事にトップ。他にもこれを食べた選手は、軒並み好成績を残しており、松ヶ瀬自身もTwitterで「我が家のいくらがヤバすぎる」と投稿していた。

 これを背景に、この試合でも「いくら」の話題がコメント欄に多数上がった。まず東1局、3・4・5・6筒の4面張でリーチをかけた松ヶ瀬。これをKONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)からロン、リーチ・タンヤオ・ドラ2・裏ドラの8000点で、アガリ牌は丸い5筒だ。視聴者からは早速このアガリに「これがイクラパワー」「筒子=いくらww」とコメントが。

 さらに東3局は5筒単騎待ちをツモ、点数は2000点と派手さはなかったものの、視聴者からは「イクラツモ」「イクラの加護利いてるねぇ」とここでもいくらについてのコメントが寄せられた。極めつけは南2局の親番、トップ目赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)からタンヤオ・赤・ドラ2の1万2000点のデバサイを決めた牌はまたしても5筒。同じ牌で3回連続アガリの超ラッキー、これがこの試合の決定打となり、トップを獲得した。

 アガリのシーン以外にも、ピンズの連続形が出る度にコメント欄では「いくら」に関する声が多数上がっていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】5筒でアガりまくる松ヶ瀬隆弥
【映像】5筒でアガりまくる松ヶ瀬隆弥
【映像】勝因を語る勝又健志
【映像】勝因を語る勝又健志
【映像】勝因を語る勝又健志