「私、3巡目リーチなんですけど…」美女雀士、すぐに親から追っかけリーチを受け困り顔「まぁじー?て顔」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 こんな展開ってあり?プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月24日の第2試合で、先制リーチをかけたKONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)が直後に親から追っかけリーチをかけられ、思わず困り顔。そのリアクションに、視聴者から多くの反響が寄せられた。

【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり

 東1局、高宮は3巡目にテンパイすると即リーチ。ドラが1枚ある5・8索待ちで、先制点の大チャンスだ。しかし手牌が良かったのは高宮だけではなかった。親のU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)が高宮の待ち牌5索を暗刻にして、4巡目にテンパイ。迷わず無筋の3索を切って追っかけリーチとした。思わぬ反撃に高宮は困り顔。この表情に視聴者から「まぁじー?て顔」「高宮マジで可愛いなー」と注目が集まった。

 結果は小林の勝ち、高宮がロン牌を掴みリーチ・ドラ・赤で7700点の放銃となった。チャンスが一転して失点の憂き目に。気丈に次の配牌へ取り組む高宮へ「まりさんこれは仕方なし!頑張って!!」「これはしゃーないわ」「まりしゃんに痛みはない」「77で済んでよかったね」とすぐさまエールが投げかけられていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり
【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり
【映像】高宮まり、辛抱の回し打ち
【映像】高宮まり、辛抱の回し打ち
【映像】追っかけリーチをかけられて心配する高宮まり