「今はドラ、いらなーい!」と半笑いの迷惑顔 撤退やむなしの超危険牌にファンも「感情出てるで」「しゃーないねw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 いつもは何枚いてもいいドラ、でもこの局面だけは違った。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」11月25日の第2試合、トップ目のKADOKAWAサクラナイツ・渋川難波(協会)が親リーチを受けた直後に、前巡に切ったドラを持ってきてしまい、思わず迷惑そうな顔のリアクション。これに視聴者から反響が集まった。

【映像】勝負どころで超危険牌を引き苦笑いする渋川難波

 場面は南4局2本場、渋川は役牌の南・西を対子にしたイーシャンテン。ここで2枚あるドラ3筒のうち1枚をリリースした。その後、首尾よく西を引き込み、カン五万のテンパイへ。直後、親で3着目の渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)が挽回を期すリーチ。渋川は次のツモで、まったく不要なドラを引き戻してしまった。

 渋川は思わず顔を上げ、半笑いで迷惑顔。実況・解説もそろって「ドラー!」と声を上げ、解説の藤崎智(連盟)はさらに渋川の表情に「いい顔してますねえ」と一言。実況の小林未沙は「悔しい!この挑戦、受けて立ってやりたいのはやまやまだが」と渋川の感情に寄り添った。

 視聴者からも「渋川良い顔してる!」「感情出てるで」「しゃーないねw」と反響が寄せられた。苦悶の表情で安全牌の九万を切った渋川、その後は白鳥のツモアガリとなり、勝負の行方は次局へ持ち越された。

 この試合の結果は、次局に渋川が見事に逃げ切りの跳満ツモ、今期2勝目を挙げている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】やや照れながらもポーズを取る渋川難波
【映像】やや照れながらもポーズを取る渋川難波
【映像】東城りおの魅せる一発ツモ
【映像】東城りおの魅せる一発ツモ
【映像】勝負どころで超危険牌を引き苦笑いする渋川難波
【映像】勝負どころで超危険牌を引き苦笑いする渋川難波
【映像】勝負どころで超危険牌を引き苦笑いする渋川難波