父ちゃんはやりました!近藤誠一、苦節9戦目で今期初トップ 勝利者インタビューに「もはや照れくさい」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 これまでのうっぷんを晴らすかのような猛攻だった。11月29日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合は、セガサミーフェニックスの近藤誠一(最高位戦)が自身9戦目にして待望の初トップ。勝利者インタビューで「長かったですね」と安堵の表情を浮かべた。

【映像】勝利を手繰り寄せた会心の親跳満ツモ

 トップが遠かった。開幕から絶不調の近藤は8戦に登板して4着3回で、個人成績も最下位。起家から渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)、近藤の並びで始まった当試合も、東1局1本場で小林に満貫・8000点(+300点、供託1000点)を振り込んで「目が回りそうだった」とするなど、一時はラス目に沈んだ。「今日は大丈夫。今日はアガれる」。それでも、自己暗示をかけたというこの日の近藤は違った。親番の東4局で松ヶ瀬から中のみ1500点をアガると、それを皮切りに東4局1本場では中・混一色・ドラの満貫・1万2000点(+300点)、東4局2本場ではリーチ・ツモ・平和・ドラ・裏ドラの満貫・1万2000点(+600点)、東4局3本場ではリーチ・ツモ・平和・赤・ドラ・裏ドラの跳満・1万8000点(+900点)、東4局4本場では平和のみの1500点(+1200点)と怒濤のアガリラッシュ。都合、5連続で加点し、実況を「お父ちゃんタイム」と興奮させた。

 南場では小林が追い上げる中、「ただただ見守るばかり」と守備に徹底。このまま持ち点5万3300点で逃げ切ると、向けられたマイクに「もはや照れくさいというか、恥ずかしいというか…」とはにかんだ。前回、近藤は4着だった際に「旅に出ます」とコメントしていた。これについて問われると、笑いながら「滝行を脳内でやってきました」と返答。親番での連荘に関しては「今日は手が入ってくれた」と振り返った。「みなさん、おかげさまでトップを取ることができました」。インタビューラスト、照れ臭いとしながらもファンにメッセージを送ったチームの“お父ちゃん”は、「まだまだこれから先も長いので、これからも精一杯頑張ります」と決めポーズ。その嬉しさが滲み出る表情には「お父ちゃんやったぞ」「近藤さんおめでとう」「誠一さんおめ~」「近藤さん、最高」「頼れる大黒柱」といった祝福投稿が殺到し、Twitter上でも「誠一さん」がトレンド入りした。

【第1試合結果】

1着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)5万3300点/+73.3
2着 渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)2万6800点/+6.8
3着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)2万6700点/▲13.3
4着 EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)-6800点/▲66.8

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】勝利を手繰り寄せた会心の親跳満ツモ
【映像】勝利を手繰り寄せた会心の親跳満ツモ
【映像】困りすぎてニヤリとする日向藍子
【映像】困りすぎてニヤリとする日向藍子
【映像】困りすぎてニヤリとする日向藍子