麻雀サイボーグ・小林剛の精密計算がズバリ 即リーチ見送りからの狙いすました一発ツモに視聴者も騒然「これは天才」「うますぎる」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 これぞ麻雀サイボーグの真骨頂。U-NEXT Piratesの小林剛(麻将連合)が、緻密な計算でファンを驚愕させた。11月29日、プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の第1試合は、起家から渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)、小林、EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)の並びで始まった。小林は東1局1本場で満貫・8000点(+300点、供託1000点)を獲得したものの、東3局1本場では松ヶ瀬に1500点(+300点)、東3局2本場では日向に跳満・1万2000点(+600点)を放銃。これまでの戦いと同様、この日も苦戦を強いられていた。

【映像】小林剛の読みがズバリと当たった三面張リーチ一発ツモ

 そんな中で迎えた南1局1本場、小林はリーチ・一発・ツモ・赤・ドラ2の跳満・1万2000点(+300点)を成就。良い形で親番の南2局へ移ると、ここでは赤牌の5索を含めた好配牌に恵まれた。これを無駄のない打ち筋で進めた小林は、あっという間にイーシャンテン。その3巡後に3・6索の両面待ちでテンパイすると、リーチをせずにヤミテンに構えた。「日向さんが注目を浴びていて、6索が3枚切れ。黙っているなら全員が選んで切るような待ちだと思っていた」。小林は鳴きを駆使する日向を意識してこのように選択したそうだが、7索を引いたことで待ちが1・4索、一万の変則三面張に変化すると、熟考の末にリーチ。次巡にはこれを一発で手繰り寄せ、リーチ・一発・ツモ・赤の満貫・1万2000点を獲得した。

 「1・4索、一万はリーチしてもすごくいい待ちで、こっちの方がアガリやすそうかな」。ズバリ的中した緻密な計算には、実況や解説も「そんなことある!?」「すごい!ヤミテンから一発ツモ」と大興奮で、ファンも「マジかよ!?」「これは天才」「お見事」「うますぎる」「めちゃくちゃカッコいい」「これはプロ」「天才ロボ」などと騒然。最終的に3着で試合を終えて「次は2着くらい取りたいですね。まだ2着以上を1回しか取れていないので」と苦笑いを浮かべたが、試合内容は充実してきている。船長の完全復帰は、もう間もなくだ。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】小林剛の読みがズバリと当たった三面張リーチ一発ツモ
【映像】小林剛の読みがズバリと当たった三面張リーチ一発ツモ
【映像】実況者のおもしろアテレコシーン
【映像】実況者のおもしろアテレコシーン
【映像】実況者のおもしろアテレコシーン