最強美人ママに死角なし!瑞原明奈、7戦4トップで勝率5割超え 早くもファンから「1日1明奈」待望論/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 出れば勝つ、だから毎日出て欲しい。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月1日の第1試合はU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が逆転トップ。序盤、手牌に恵まれず守る時間も長かったが、中盤にチャンスを得ると一気にトップ目へ。終盤、全員に現実的な勝利条件が残る中で、この展開を見事に制して今期4勝目。個人成績はEX風林火山・勝又健志(連盟)をかわし、今やほぼ定位置ともなった首位へ改めて浮上した。

【映像】試合後に笑顔で振り返る瑞原明奈

 この試合は瑞原、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)の並びで開局した。瑞原は東3局1本場まで、仕掛けとリーチを駆使するも得点なし。東3局2本場にようやく2000点(+600点)を手にするが、トップ目松本には3万点近くの差を付けられてしまった。反撃のきっかけは3着目で迎えた南1局の親番。南・赤・ドラの5800点を亜樹からアガり、2着目へ浮上した。ドラ五万のそばの七万を辛抱強く残し、六万をくっつけ、見事に高目のドラでアガリ。解説の河野直也(最高位戦)も「よく七万持ちましたね!」と絶賛した。

 南2局は瑞原のしたたかさが光った。12巡目にホンイツ・七対子をテンパイすると、前巡に切られた發待ちに構え、これをトップ目の松本からデバサイ(出場所最高)のロン。大きく状況が変わり、トップ目の可能性が出てきたこのアガリに視聴者からは「ないっすー!!」「うんま!!!」「デバサイ」「これは素晴らしい!」と多数の声援が飛んだ。

 このアガリが最後の加点となったが、南4局に松本が失点したことでトップ目に浮上。南4局1本場は流局で、瑞原は今期4勝目を獲得した。

 チームは5戦トップなし。勝利から離れていたことで、自身2連勝も「連勝という気がしなかった」と本音を語った瑞原。「悔しいことがあっても、それも楽しいなと思いつつ、応援をしていただけたらと思います」とファンに呼びかけ、中盤戦のチーム巻き返しを誓っていた。頼れる最強美人ママ雀士にファンからは早くも「MVP!」の声や「1日1明奈でお願い致します」「みずにゃん出せー!」と、毎日の出場を願う声が寄せられた。

【第1試合結果】

1着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)3万400点/+50.4
2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)2万7600点/+7.6
3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)2万1900点/▲18.1
4着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)2万100点/▲39.9

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】試合後に笑顔で振り返る瑞原明奈
【映像】試合後に笑顔で振り返る瑞原明奈
【映像】試合後に笑顔で振り返る瑞原明奈