「それはビューティフォー」多井隆晴、自画自賛のドヤコメントに岡田紗佳が爆笑「これは笑うわw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 思わず生まれた最強雀士の爆笑フレーズ。これがKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)のツボにハマってしまったようだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月1日の第2試合の勝利者インタビューで、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)の談話を聞いた岡田が爆笑、視聴者からも大きな笑いが起きた。

【映像】まさかの発言に岡田紗佳が爆笑

 この試合の東2局、相手の待ち牌を自分の待ちにして、見事な七対子をツモった多井。アガリ牌の4索がライバルのリーチの待ちだったことを知ると「それだとビューティフォー、かなりビューティフォー」と突然の横文字で自画自賛。これを聞いていた舞台袖の岡田は口元を抑えて爆笑し、その様子が画面に大きく映し出された。

 視聴者もこれには「もうおかぴわらってるやんw」「これは笑うわw」「おかぴーかわいい」「オカピ、笑い転げてる」と、岡田と一緒に爆笑していた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】快勝にご満悦の多井隆晴
【映像】快勝にご満悦の多井隆晴
【映像】まさかの発言に岡田紗佳が爆笑
【映像】まさかの発言に岡田紗佳が爆笑
【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴
【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴
【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴