完璧にもほどがある 最強雀士による放銃回避&絶品アガリがセンス抜群 解説「とんでもないアガリですよね」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 抜群の勝負センスにファンは魅了された。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月1日の第2試合。渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が相手のリーチの待ち牌を自身の待ちにしてツモ、その美技に多くの反響が寄せられた。

【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴

 場面は東2局、まずはU-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)が3・4索の変則2面張でリーチ。七対子でテンパイしていた多井はドラの1索を引くといったんイーシャンテンに戻す。その後、鈴木優の待ち牌4索を掴むも、ドラ1索を重ね、打9筒として4索待ちのテンパイ。その後、静かに押し続け、4索を見事にツモ。ツモ・七対子・ドラ2の8000点を手に入れた。

 アガリの瞬間、実況と解説は「4索だ!」「ツモ!」と大興奮。11月は例年不調であることから、この日まで登板間隔が空いていた多井に対し、実況を務めていた日吉辰哉(連盟)は「もうちょっと休んでもらえばよかったですね、この人には」。解説の河野直也(最高位戦)も「とんでもないアガリですよね」と驚愕、さらに「受けながらも、自分のバランスで、すごく感触の良いアガリになったと思います」と脱帽していた。

 このアガリをきっかけに多井はアガリラッシュ。このゲーム、一度もトップ目を譲ることなく、6度のアガリで放銃は0。6万点オーバーの大トップを獲得し、チーム独走に拍車をかけた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】快勝にご満悦の多井隆晴
【映像】快勝にご満悦の多井隆晴
【映像】まさかの発言に岡田紗佳が爆笑
【映像】まさかの発言に岡田紗佳が爆笑
【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴
【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴
【映像】完璧な手順でアガり切った多井隆晴