「いたぁ!」人気女流、残念ドラ切りに渋い顔もファンはサービスウインクと勘違い「かわいいなおいw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 いえ、そういう意味ではないんです。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月2日の第2試合、セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)が裏目引きの痛い顔。これに視聴者から多くの反響が寄せられた。

【映像】東城りお、連続のドラ切りに「いたぁ」な瞬間

 場面は東1局。赤を2枚持った東城は、9巡目に孤立のドラ二万をリリース。解説の藤崎智(連盟)は「前倒しの安全策という感じ。結果的に全員の手を見てると、もう1巡くらいは持てるかなという感じはしましたが、本人はぎりぎりだったという判断だったんですよね」とこれを説明した。

 次巡、東城はイーシャンテンに。さらにその次はドラの二万をまた持ってきてしまった。これに東城は「いたぁ!」という様子で片目を瞑って渋い顔。これに視聴者からは「かわいいw」「かわいいなおいw」「いてての顔可愛すぎる」「ウィンクみたい」と反響が寄せられた。

 不要なドラの切り時は麻雀の永遠のテーマ。あいにく裏目となってしまい、渋い顔をした東城に、ウインクだからかわいいという視聴者からの裏腹な反応が出たという場面だった。

 なおこの局の結果はKONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)がペン3筒待ちでリーチ、これにタンヤオ・赤2のテンパイを果たした東城が、4筒の壁で3筒を切り、放銃で終わっている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】東城りお、連続のドラ切りに「いたぁ」な瞬間
【映像】東城りお、連続のドラ切りに「いたぁ」な瞬間
【映像】思わずびっくりした顔になった東城りお
【映像】思わずびっくりした顔になった東城りお
【映像】思わずびっくりした顔になった東城りお