レジェンド雀士も悩む「プロ試験に出そう」な清一色の難問 最善策にファンも「俺はさっぱりわからないw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 何を切ると、何待ちになる?プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月5日の第1試合で、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)がまるでプロ試験の問題のような染め手を迎えると、解説のレジェンド雀士はこれに頭を悩ませ、視聴者からも反響が寄せられた。

【映像】パッと見では受け入れがわからない清一色の手牌

 南1局、岡田の手は、7巡目にして手牌全てがマンズでイーシャンテン。親の渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)からリーチがかかっているが、一歩も引けない構えだ。このレアな手牌に、この日の解説で麻雀界のレジェンド土田浩翔(最高位戦)は「マンズを引いたらわかんなくなっちゃう!」とおどけてみせるほど。視聴者からも「俺はさっぱりわからないw」「チンイツ待ち問題」「マンズ解説してくれぇ」と早速多くのコメントが寄せられた。

 岡田はさらに九万を重ねてようやくテンパイだ。残る問題は待ち取り、二・五万を切ると一・四万のテンパイで、一万を切ると三・六・九万の変則三面張だ。視聴者は「さあ、クイズです!」「やばいなw」「むずいて!!!」「プロ試験対策用」とさらに盛り上がる。

 岡田の選択は二万を切っての一・四万待ち。その後、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)からリーチがかかると、岡田は追っかけリーチを決断した。決着はあっという間、松本が四万を掴み、岡田はリーチ・一発・平和・清一色・赤・ドラの2万4000点、超レアな三倍満のアガリをモノにした。

 プロ試験に出そうな難しい手牌、見事に正解を選んだ岡田には土田も「来たねー!素晴らしい!ブラボー」と脱帽し、ファンからも「カッコいい!!」「すご!」「ジャイアントキリング」など、熱いコメントが多数送られていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】岡田紗佳、平和・清一色の珍しい三倍満
【映像】岡田紗佳、平和・清一色の珍しい三倍満
【映像】パッと見では受け入れがわからない清一色の手牌
【映像】パッと見では受け入れがわからない清一色の手牌
【映像】岡田紗佳、気合の決め顔
【映像】岡田紗佳、気合の決め顔
【映像】岡田紗佳、気合の決め顔