最高級の平和が完成!清一色にドラも絡んだ三倍満に視聴者騒然「お祭りじゃぁぁぁぁ」「えぐいww」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 こんなに見事な平和には、滅多に巡り合えない。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月5日の第1試合で、岡田がメンゼンのまま清一色をテンパイ、これをリーチで三倍満に仕上げ、視聴者を騒然とさせた。

【映像】超豪華!平和・清一色の三倍満

 場面は南1局。岡田は渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)のリーチを受けた直後の9巡目に、清一色をテンパイ。待ちは一・四万のリャンメンと三・六・九万の変則3面張が選べたが、前者を決断。これをダマテンに構えると、魚谷からもリーチがかかり、岡田は追っかけリーチ。松本が一発で四万を掴み、岡田はリーチ・一発・平和・清一色・赤・ドラの2万4000点、三倍満のアガリとなった。

 この瞬間、実況の日吉辰哉(連盟)は「うわあ!でっかい大砲!ドデカイの打ち上がった!」と絶叫。視聴者からも「すごっw」「おもしろすぎるw」「お祭りじゃぁぁぁぁ」「えぐいww」と大興奮のコメントが殺到した。

 岡田はこのアガリの甲斐あって逃げ切りトップ。試合後のインタビューでは、まず振り込んでしまった松本が「こんな日もありますね」と力なく語り、最後は「たまらんですね、たまらん」と悔しさを露わにした。続く勝利者インタビューでは、岡田がこの三倍満を「あれはたまらんですね!良い意味で!」と白い歯を見せていた。

 平和だけなら1ハン。しかし今回はさらに清一色、赤やドラにリーチ・一発も絡んだ激レアの三倍満が完成。視聴者が大きな反響を寄せた一局だった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】岡田紗佳、平和・清一色の珍しい三倍満
【映像】岡田紗佳、平和・清一色の珍しい三倍満
【映像】パッと見では受け入れがわからない清一色の手牌
【映像】パッと見では受け入れがわからない清一色の手牌
【映像】岡田紗佳、気合の決め顔
【映像】岡田紗佳、気合の決め顔
【映像】岡田紗佳、気合の決め顔