“お試しモード”でも勝っちゃった 伊達朱里紗、覚えたての新作戦でトップゲット「挑戦してみました」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 2年目の余裕と好奇心が、新しい戦い方を生み出したか。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月5日の第2試合はKONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)がトップ。これで4勝目、開幕から安定した戦いぶりを見せており、個人成績では3位に浮上した。

【映像】練習の成果が出たことを喜ぶ伊達朱里紗

 この試合はセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・渋川難波(協会)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、伊達の並びでスタート。東1局、伊達は3・6索待ち、高目3索なら「345」の三色同順となる勝負手をテンパイして得意の先制リーチ。見事に高目3索を引き寄せて、リーチ・ツモ・タンヤオ・平和・三色同順の1万2000点を手に入れた。

 中盤に差し掛かり、伊達は「鳴き」を駆使し、新しいフォームを見せた。南1局1本場は5巡目に中をポン、中・赤・ドラの4000点(+300点)の速攻を決め、リードを広げる。南2局も積極的に仕掛けて、ライバル松本の親を流す發・赤の2000点をゲットし、器用な立ち回りを見せた。南4局は渋川のツモアガリを見て、トップのままゲームセット。個人4勝目を手に入れた。

 勝利者インタビューでは「Mリーグでは本当に調子が良くて、大変ありがたいと思っております」と好調さをアピール。また、声優業のライブ活動を行った次の日は「3戦3勝」と相性の良さを明かし、ファンからパワーをもらっていることに、深く感謝を述べた。

 この日、鳴きを駆使してアガリに結び付けた局については「挑戦してみました。鳴く練習はしているんですけど、本番でもやってみるかと」。実際にやってみた結果としては「難しいですね、検討してみます」と思わず大笑い。それでも手ごたえを感じた様子だった。

 鳴いて戦うスタイルを練習、試してみたところすぐに良い結果が出たというこの日の伊達。まだ成長過程でありながら、しっかり勝ってしまうポテンシャルの高さ、勝負強さには視聴者からも「本番で試せるのすげーな」「試合で成長していく」「いや、かなり上手い鳴きだったわ」と賛辞が多数寄せられた。

【第2試合結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)3万5800点/+55.8
2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)2万9200点/+9.2
3着 KADOKAWAサクラナイツ・渋川難波(協会)2万6900点/▲13.1
4着 セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)8100点/▲51.9

【12月5日終了時点での成績】

1位 渋谷ABEMAS +516.5(38/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +264.9(38/94)
3位 EX風林火山 +202.3(36/94)
4位 U-NEXT Pirates ▲115.6(36/94)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲124.8(38/94)
6位 TEAM雷電 ▲142.7(36/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲207.7(38/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲392.9(36/94)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】練習の成果が出たことを喜ぶ伊達朱里紗
【映像】練習の成果が出たことを喜ぶ伊達朱里紗
【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗
【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗
【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗