あなた、困ってるのね?声優雀士の「チラ見」と含み笑いにファン反応「めっちゃ見てたw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 口元の微笑がファンにはたまらない。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」12月5日の第2試合で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)がライバルへ「チラ見」するシーンが画面に映し出され、多くの視聴者から反響が寄せられた。

【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗

 場面は南1局、伊達は6・9索待ちでリーチ。これに対して打牌に悩むKADOKAWAサクラナイツ・渋川難波(協会)。ここで伊達は「安全牌に困っているの?」とでも言わんばかりに、渋川へチラっと視線をやった。またその口元は、微かに笑みも浮かべているかのよう。

 この仕草に実況の日吉辰哉(連盟)は「笑ってるぞ!」。解説の土田浩翔(最高位戦)も「笑ってるね」とこの表情に気付き、日吉はさらに「『困ってるのね、難波くん。いいのよ、9索捨てても』」と得意の“アテレコ”も。

 視聴者もまた「今のチラ見可愛いなw」「氷の微笑」「めっちゃ見てたw」と反響を寄せ、さらには「ガン見されたい」「俺も見てっ!!」と、伊達に「見つめられたい願望」を持つファンの声も多数寄せられていた。

 声優雀士の「チラ見」と含み笑いに実況&解説も興味津々、視聴者からも多くの声が上がった1局だった。

 なおこの局は伊達がセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)へ2900点の放銃で決着。それでも伊達は南1局1本場、南2局と連続して加点し、この試合をトップで終えている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】練習の成果が出たことを喜ぶ伊達朱里紗
【映像】練習の成果が出たことを喜ぶ伊達朱里紗
【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗
【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗
【映像】相手の様子をチラ見する伊達朱里紗