サッカーなら権田修一、麻雀なら近藤誠一 驚愕の連続スーパーセーブに見た者全員が唖然「レベチやん」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 多くの人は振り込んでしまうはずだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」1月12日の第1試合。セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)がスーパーセーブを連発、これに放送席は唖然、視聴者も度肝を抜かれる展開となった。

【映像】近藤誠一、スーパーセーブ連発

 場面は南2局、トップ目でこの局を迎えた近藤、2着目にはEX風林火山・二階堂瑠美(連盟)が5500点差で迫っている。その瑠美が1筒を暗カン。さらにKONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)が新ドラの白を対子にして七対子のリーチ、待ちは西だ。リーチ宣言牌のドラ四万をKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)がポン。これで場が一気に沸騰した。

 近藤はその後、同じく七対子をテンパイ、西を切ればタンヤオ・七対子だ。待ちとなる五万はフリテンだが、いったん西を切ると一発放銃の憂き目にあう。実況の日吉辰哉(連盟)は「危ない!」と絶叫。ファンも固唾を飲んで見守ると、ここで近藤はイーシャンテン戻しの打七万で現物を抜き、この場を凌いだ。

 その後、近藤はこの西を重ねてテンパイ復活。この立ち回りに、解説を務めていた萩原聖人(連盟)も「今日は誠一か?」と息巻く。しかし近藤の危機はまだ終わらない。瑠美が一盃口・赤2を、伊達の現物である9索を切ってカン6索待ちでテンパイ。その直後、近藤はその6索を持ってきてしまう。すでに手牌に6索が対子、テンパイ維持には不要の牌だ。「これはテンパイ打牌には見えづらいですからね」と萩原も放銃を予想。今度こそ絶体絶命、命運も潰えたかと誰もが思う局面だったが、なんと近藤はテンパイを諦め、打2索で危機回避に成功した。

 このスーパーセーブに視聴者も「近藤さすが!!!」「今日は神回」「誠一バケモンかよ」「レベチやん」と驚愕、大きな反響が次々に寄せられた。試合後のインタビューで近藤はこの局を振り返り、ドラポンをした堀の風牌である西は、そもそも打つ気がなかったと思考を説明し、これにまたファンは「流石やなあ」「なるほどな」と驚かされていた。

 サッカー日本代表GK・権田修一ばりの好守備の連発、大いに試合が盛り上がったシーンだった。なおこの試合は伊達が逆転トップ、近藤は2着でポイントを持ち帰った。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】近藤誠一、渾身の一発ツモ
【映像】近藤誠一、渾身の一発ツモ
【映像】近藤誠一、スーパーセーブ連発
【映像】近藤誠一、スーパーセーブ連発
【映像】堀慎吾、アガリ拒否の瞬間
【映像】堀慎吾、アガリ拒否の瞬間
【映像】堀慎吾、アガリ拒否の瞬間