咄嗟に出た先輩の温かくて大きな手 後輩の少牌をぎりぎり防いだフェアプレーに絶賛の声「紳士プレイ」「熊かっけぇ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 これぞフェアプレー精神。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」1月16日の第1試合。KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)が親番中に第1打を切ろうとしたところ、ツモ牌を取り忘れていることにTEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)が気付き、さっと手を出して、少牌を阻止。このフェアプレーに視聴者からは「紳士プレイ」「熊かっけぇ」と絶賛の声が集まった。

【映像】瀬戸熊直樹が大きな手でブロックしたシーン

 話題のシーンは東3局。高宮は東1局に渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)に倍満をツモられ、さらに東2局には同じく日向に同テンの5筒を引き負けるなど劣勢続き。挽回を期してアガリへ向かいたい場面。理牌を終え、1打目を選ぼうとしたその瞬間、画面の外から大きな手が現れ、これにより高宮は少牌に気付き「すみません、ありがとうございます」と謝って、事なきを得た。

 これに視聴者からは「素晴らしい」「いいぞ!せとくま!」「熊さんステキ」と賛辞が多数寄せられた。解説の藤崎智(連盟)は「珍しいね、第1ツモ取り忘れるところでしたけど、瀬戸熊さんが教えてくれたんですかね」と説明、実況の日吉辰哉(連盟)も「高宮も対局にグっと入りすぎたかもしれませんね」と揺れ動くプレーヤーの心情を慮った。

 この試合の同卓者には、以前にTEAM雷電・黒沢咲(連盟)の少牌を防いだU-NEXT Pirates・鈴木優(最高位戦)もいたが、ここでは瀬戸熊がそのフェアプレー精神を引き継ぐように、勝負を壊さないため、そして後輩を守るべく、咄嗟の行動に出たという一幕だった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】日向藍子、ドラだらけの倍満ツモ
【映像】日向藍子、ドラだらけの倍満ツモ
【映像】高宮まりの切なげな表情
【映像】高宮まりの切なげな表情
【映像】瀬戸熊直樹が大きな手でブロックしたシーン
【映像】瀬戸熊直樹が大きな手でブロックしたシーン
【映像】瀬戸熊直樹が大きな手でブロックしたシーン