今宵の軍師は“るんるん”上機嫌 勝又健志 攻守にキレッキレの采配で完勝「内容も満足」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 打つ手が次々と決まる。“軍師”の戦いぶりに観る者は感服だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」1月23日の第2試合はEX風林火山・勝又健志(連盟)がトップ。鋭い読みから危険牌を幾度となく切り飛ばし、ライバルを圧倒した。

【映像】上機嫌に試合を振り返る勝又健志

 試合は起家からKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、勝又、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)の並びで開始した。試合は松本が好スタート、早々に4万点をオーバーし、各者これを追う展開となった。

 勝又は東4局、6巡目に先制リーチをかけると、8巡目にツモ。リーチ・ツモ・赤・ドラ・裏ドラの8000点でトップを追撃する。南1局2本場は供託が2本あるところでカン8索の先制リーチ。道中、マンズのカンチャンと比較し、ソーズが良いと見て選んだこの待ちをしっかりツモり、リーチ・ツモ・ドラ・裏ドラの8000点(+600点、供託2000点)の効果的な加点に成功した。

 これでトップ目となると、その後も3局続けてアガリを決める。南2局と同1本場は再逆転を期す松本のリーチと競り合い、見事チャンスを封じ込める巧みなアガリ。卓越した読みの技術を駆使し、危険牌を何度も通してみせた。打つ手が次々に決まる勝又に放送席からは「勝又、ルンルンですよ」との声も。フィニッシュブローは南3局、松本・内川の2軒リーチに南ポンの仕掛けでぶつかり合い、南・赤の2000点を松本からロン。5万点オーバーのトップで試合終了した。

 試合後は「嬉しいです」と笑顔で一言。気分良く打っていた様子について聞かれると「内容的にも今日はある程度満足のいくものになったので、そういった意味では嬉しいです」とこの完勝を喜んだ。チームの目標は「1週間1トップ」。このノルマを早々に達成だ。「これを継続して、セミファイナルを有利にするために、レギュラーシーズンを頑張っていきたいと思います」と胸を張ると、ファンからは「おめでとうございます!」「かっちゃん強かったよ」「運もあって実力もあるとか勝又が最強じゃね?」とこの逆転勝利を称える声が多数送られた。

 第1試合では松ヶ瀬隆弥(RMU)が4着に沈んでいたものの、すぐさま“軍師”が帳消しに。チームはトップに返り咲いた。3分の2を過ぎたレギュラーシーズンは上々の結果。ポストシーズンを考えるにはまだ尚早かもしれないが、軍師の戦略に一切の曇りはない。

【第2試合結果】

1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)5万3400点/+73.4
2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)3万6200点/+16.2
3着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)7300点/▲32.7
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)3100点/▲56.9

【1月23日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +453.1(62/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +325.3(62/94)
3位 渋谷ABEMAS +189.8(62/94)
4位 U-NEXT Pirates +183.9(60/94)
5位 TEAM雷電 +45.4(60/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲191.4(62/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲390.1(60/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲616.0(60/94)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】上機嫌に試合を振り返る勝又健志
【映像】上機嫌に試合を振り返る勝又健志
【映像】4筒にも5筒にも見えるツモ
【映像】4筒にも5筒にも見えるツモ
【映像】4筒にも5筒にも見えるツモ