豪運×うまさ=逆転の親跳満 人気女流のビューティフル混一色に視聴者喝采「流石やあああ!!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 アガリへの道筋も、そしてその牌姿も、すべてが美しい。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」2月6日の第1試合。セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)が決めた親跳満に視聴者から喝采の声が集まった。

【映像】東城りお、運と技術が合わさった親跳満

 場面は南3局2本場、東城はドラ3筒と赤があるチャンス手。ドラ3筒が重なるとマンズのカンチャンを払い、さらには打点は十分とばかりに赤5索を切り、中を鳴いて混一色へ。その後に4・7筒のテンパイを果たし、さらには待ちが広がって1・4・7筒の三面張となった。東城はほどなく7筒をツモ、混一色・中・赤・ドラ2の1万8000点(+600点、供託1000点)を手に入れてトップ逆転に成功した。ファンはこのアガリに「バケモノか!!」「流石やあああ!!」「やっぱりお頼りになる!」「ミスパーフェクト」と大賑わいだ。

 豪運もさることながら、アガリへ一直線に向かうためのターツ選択、ドラの切り時など、随所に東城のうまさが光った親跳満。解説の土田浩翔(最高位戦)はこのファインプレーを「たまげたね!」と手放しで称えていた。なおこの試合は東城がこのリードを活かしてトップ、レギュラーシーズン突破の当面のライバルであるKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)とトップラスを決めている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019-20シーズンから全8チームに。各チーム4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム94試合(全188試合)。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各20試合・全30試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(16試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【映像】東城りお、運と技術が合わさった親跳満
【映像】東城りお、運と技術が合わさった親跳満
【映像】見る者も気持ちいいほどスパッと入ったカンチャン
【映像】見る者も気持ちいいほどスパッと入ったカンチャン
【映像】見る者も気持ちいいほどスパッと入ったカンチャン