個性あふれる新十両四人衆 親子三代のサラブレッドから脱サラ力士まで
番組をみる »

 休場明けの横綱白鵬が盤石な相撲を見せ、先場所優勝の注目の朝乃山も連日、健闘。盛り上がる名古屋場所だが、十両は今場所から新たに4人の若手新関取が誕生。それぞれが個性的で将来が楽しみな逸材ばかりだ。3日目は新十両対決2番が組まれ、琴ノ若が一山本を、竜虎が木崎海をそれぞれ降した。

個性あふれる新十両四人衆 親子三代のサラブレッドから脱サラ力士まで

<琴ノ若>

 名門埼玉栄高から角界入りして3年半で関取の座を射止めたのを機に、四股名を琴鎌谷から父親で師匠の現役名である琴ノ若に改名した21歳。祖父は“猛牛”と言われた第53代横綱琴櫻。2代目琴ノ若は5歳のときには、すでに「力士になる」と祖父と約束を交わし、中学卒業を機に角界入りするつもりでいたが「まだ通用しない」と自ら志願して埼玉栄高に進学。主将としてチームを高校日本一に導くなど、自信をつけてプロ入り。入門から5場所で幕下昇進もその後はやや低迷。それでも重圧を背負いながら史上初の親子3代関取を実現させた。亡くなった偉大な祖父からは、大関に昇進したら琴櫻の四股名を譲ると言われたそうだ。

個性あふれる新十両四人衆 親子三代のサラブレッドから脱サラ力士まで

<一山本>

 長いリーチを生かした突っ張りが武器の一山本は、公務員を経て角界入りした変わり種の力士だ。北海道岩内町出身で、中央大時代はインカレ個人16強などの実績を残し、卒業後は地元北海道の福島町役場に就職。公務員としての職務をこなす傍ら、地元の子供たちに相撲も教えていた。自身は社会人として国体に出場。不甲斐ない結果に終わったことから、新弟子検査の受験資格が23歳未満から25歳未満にちょうど緩和されたタイミングでもあり、23歳で二所ノ関部屋に入門。所要15場所で関取昇進を果たしたイケメン力士だ。

個性あふれる新十両四人衆 親子三代のサラブレッドから脱サラ力士まで

<木崎海>

 174センチと上背はないが、臼のような体型で下から相手を押し上げる相撲が持ち味。立ち合いの当たりの強さはすでに幕内クラスと関係者の評価は高い。沖縄県うるま市の出身で地元の小学校卒業後に鳥取県へ相撲留学。鳥取西中、鳥取城北高と進み、高3で高校横綱に輝き、日大進学後も上位入賞の常連。4年のときに出場した全日本選手権3位となり、三段目100枚目格付出しの資格を得て木瀬部屋に入門。実兄は先場所十両だった美ノ海。今場所は幕下に陥落したため、兄弟同時関取はお預けとなったが史上21組目の兄弟関取となった。

個性あふれる新十両四人衆 親子三代のサラブレッドから脱サラ力士まで

<竜虎>

 師匠の尾上親方(元小結濱ノ嶋)が叔父にあたる竜虎は熊本県宇土市出身。小学校時代から全国トップレベルの実力を誇り、中学時代は全中、都道府県大会、さらには白鵬杯も制し、中学3冠に輝いた。中3のとき、地元で巡業が開催された際は当時、大関だった稀勢の里の胸を借り「すでに幕下の力がある」と言わしめたほど。文徳高2年のときには高校総体個人3位。高校卒業と同時に角界入りし、所要15場所で関取昇進。張り手も辞さない激しい相撲ぶりや、ここ一番で立ち合い変化も厭わないなど21歳にして勝負度胸も満点だ。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】一山本 対 琴ノ若 木崎海 対 竜虎 大相撲名古屋場所三日目 5:38:45~ 

大相撲LIVE 名古屋場所(序ノ口~十両)3日目 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】
大相撲LIVE 名古屋場所(序ノ口~十両)3日目 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】
大相撲名古屋場所【3日目】幕内 結びの一番まで完全無料生中継! この時間は「序ノ口」「序二段」「三段目」「幕下」「十両」の取組を放送します。 誰もが自由に楽しめる大相撲を目指し、斬新かつダイナミック…

▶大相撲名古屋場所 注目の取組プレイバック

2019年 大相撲七月場所 - 大相撲ダイジェスト | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
2019年 大相撲七月場所 - 大相撲ダイジェスト | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
2019年 大相撲七月場所 - 大相撲ダイジェスト等、15,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。