土俵に魔物… 隠岐の海が勝勢から足滑らせ初黒星 背中にもべったり土
番組をみる »

大相撲秋場所>◇九日目◇16日◇東京・両国国技館

 初日から8連勝だった前頭八枚目・隠岐の海(八角)が、前頭五枚目・竜電(高田川)に引き落としで敗れ、今場所初黒星を喫した。

 AbemaTVで解説を務めた元関脇・寺尾の錣山親方からは「素質の持ち主だと(相撲界に)入った時から思っていました。隠岐の海が(場所を)引っ張る展開になってもおかしくなかった」と、その力を認められていた隠岐の海。この日の一番では立ち合いから竜電相手に突き合いを挑むと、竜電に横を向かせて勝機を迎えた。

 ところが、とどめの突き押しに行こうとしたところ、自ら足を滑らせる格好となり、土俵上にゴロリ。背中にはべったりと土がついた。横綱不在の場所で、好調な取組を続けてきた力士の残念な黒星に、館内からもため息がもれていた。

(C)AbemaTV

▶【映像】9勝目がするり…足を滑らせた隠岐の海

隠岐の海、勝勢から一転黒星
隠岐の海、勝勢から一転黒星
土俵で足を滑らせ痛恨の1敗

▶AbemaTV大相撲ダイジェスト 9日目

大相撲ダイジェスト 9日目
大相撲ダイジェスト 9日目
幕内全取組一挙放送