運命の2日目開始 豊島将之王位が初防衛か、木村一基九段が初タイトルか/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋王位戦七番勝負第7局が9月26日、東京都千代田区の「都市センターホテル」で2日目を迎えた。前日25日に、初防衛を目指す豊島将之王位(名人、29)が、71手目を封じ手。開封された後、初タイトルを目指す挑戦者の木村一基九段(46)の手番で再開した。

 第5局に3勝目を挙げた豊島王位が先にタイトルに王手をかけたが、第6局に木村九段が粘って、同シリーズはフルセットに。同時期に行われていた竜王戦挑戦者決定三番勝負でもフルセット(豊島王位の2勝1敗)までもつれ込むなど、ファン・関係者の間では「十番勝負」として注目を集めてきたが、本局で長き戦いの終止符が打たれることになる。

 運命の一局は、豊島王位の先手番で、角換わりの出だしから進行。持ち時間では豊島王位が一時、3時間以上もリードする場面があったが、封じ手となった71手目で2時間12分の大長考があり、現在は約1時間差になっている。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制。AbemaTVでは、この対局を終了まで生放送する。

【封じ手時点の残りの持ち時間】

豊島将之王位 4時間50分(消費3時間10分) 木村一基九段 3時間53分(消費4時間7分)

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶【現在対局中】第60期 王位戦 七番勝負 第七局 2日目 豊島将之王位 対 木村一基九段 

豊島王位 対 木村九段
豊島王位 対 木村九段
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 2日目
川上七段-伊藤五段ほか
川上七段-伊藤五段ほか
朝日杯将棋オープン戦一次予選 2局放送

▶9/28(土)15:50~ 独占!2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局 広瀬章人竜王対深浦康市九段

広瀬竜王 対 深浦九段
広瀬竜王 対 深浦九段
2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局