木村一基新王位、家族への思い聞かれ涙…感謝は「家に帰ってから伝えます」46歳で悲願の初タイトル
番組をみる »

 将棋王位戦七番勝負第7局が9月25・26日に東京都千代田区の「都市センターホテル」で行われ、挑戦者の木村一基九段(46)が豊島将之王位(名人、29)に110手で勝利し、シリーズ4勝3敗で、悲願の初タイトルを獲得した。46歳3カ月でのタイトル獲得は史上最年長。感想戦後、報道の取材に応じた木村新王位は、家族への思いを聞かれ涙。「家に帰ってから伝えたいと思います」と、万感の思いを口にした。

 木村九段は1997年4月に四段昇段。以降、6度のタイトル挑戦、さらにあと1勝でタイトル奪取という状況から8局敗れるなど、タイトルにどうしても手が届かなかった。ただ、同シリーズでは現在の将棋界でも最高峰に位置する豊島王位と互角以上の戦いを繰り広げ、最終第7局では多くの棋士から、木村九段の対局の中でも歴史に残る名局だったと高く評価された。

 対局内容について聞かれた木村九段は「結果が出せたことは大変うれしいことです。年齢は取ってしまったんでしょうがない。(歳を取って)くたびれるとか、いいイメージは何もありません。3年ぶりの2日制(対局)だったんですが、疲れも出ますし、そういったところでは、ちょっと戸惑いつつやっていたとこもありました」と、笑みも浮かべなたら答えていた。

 ただ、質問が愛する家族について聞かれると、即座に沈黙。メガネを外して目頭を押さえると「はぁ…」とため息。さらに「家に帰ってから(思いを)伝えたいと思います」と、こみ上げる思いと言葉を絞り出していた。

◆木村一基(きむら・かずき)1973年6月23日、千葉県四街道市出身。師匠は故・佐瀬勇次名誉九段。1997年4月に四段昇段しプロ入り。棋戦優勝は新人王戦、朝日杯将棋オープン戦の2回。将棋大賞では2001年度に勝率一位賞、最多勝利賞、最多対局賞の3部門を独占したことがある。解説やイベントでの軽快なトークも人気で、ファンからは「かじゅき」「おじおじ」の愛称で親しまれている。

▶中継:王位戦七番勝負 第七局 豊島将之王位 対 木村一基九段(期間限定)

豊島王位 対 木村九段
豊島王位 対 木村九段
第60期 王位戦 七番勝負 第七局 2日目

▶中継:「将棋日本シリーズ」準決勝第一局 広瀬章人竜王対深浦康市九段 9/28(土)15:50~

広瀬竜王 対 深浦九段
広瀬竜王 対 深浦九段
2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局