プロ歴39年・中村修九段、54手の短手数で阿部健治郎七段に勝利 二次予選進出/将棋・朝日杯将棋オープン戦
番組をみる »

 将棋朝日杯将棋オープン戦一次予選が9月27日に行われ、中村修九段(56)が阿部健治郎七段(30)を54手の短手数で下し、二次予選進出を決めた。

 1980年7月にプロデビューを果たし、プロ歴39年を数える中村九段は、過去2勝1敗の阿部七段と角換わりの出だしに。阿部七段が攻め込んだものの、中村九段は冷静に対応。短手数で受け切っての快勝となった。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。2017年度、2018年度と藤井聡太七段(17)が2連覇している棋戦としても知られている。

(AbemaTV/将棋チャンネルより)

▶中継:中村修九段 対 阿部健治郎七段(期間限定)

中村九段-阿部七段
中村九段-阿部七段
朝日杯将棋オープン戦一次予選

▶中継:「将棋日本シリーズ」準決勝第一局 広瀬章人竜王対深浦康市九段 9/28(土)15:50~

広瀬竜王 対 深浦九段
広瀬竜王 対 深浦九段
2019年度「将棋日本シリーズ」準決勝第一局