土俵際の執念 阿炎が逆転勝利で9勝目 年6場所全勝ち越しで有終の美 新年は新関脇も
番組をみる »

大相撲九州場所>◇千秋楽◇24日◇福岡国際センター

 小結・阿炎(錣山)が、関脇・御嶽海(出羽海)をはたき込みで下し、9勝6敗で今年最後の本場所を終えた。

 昨日の十四日目で勝ち越しを決め、今年の6場所全てで勝ち越しを決めていた阿炎は、実力者・御嶽海と激しい相撲になったものの、攻め手を緩めず動き回ると、最後は押し込まれたものの、咄嗟に体をかわして逆転勝利を収めた。

 AbemaTVで解説を務めた元横綱・若乃花の花田虎上は、「1年間負け越しなしは素晴らしい。土俵際の執念ですね」と、技術だけでなく白星に向けた精神力の強さを挙げていた。

 今場所は自己最高位の東小結だったが、2人の関脇が負け越したこともあり、新年の初場所では、新関脇の誕生も期待される。

(AbemaTV/大相撲チャンネルより)

▶映像:6場所連続勝ち越しの阿炎が9勝目

阿炎は逆転で9勝目
阿炎は逆転で9勝目

▶映像:AbemaTV大相撲ダイジェスト 千秋楽

注目の取組を一挙放送
注目の取組を一挙放送