炎鵬が大関・豪栄道を撃破 「そこまで頭を下げていく必要はなかった」錣山親方が敗因を分析
番組をみる »

大相撲初場所>◇九日目◇20日◇東京・両国国技館

 前頭五枚目・炎鵬(宮城野)が大関・豪栄道(境川)を押し出しで破り、5勝目(4敗)をあげた。

 初顔合わせの両者。炎鵬がどのような立ち合いをするのかに注目が集まった。1度目は炎鵬が先にジャンプするような形で飛び出すも呼吸が合わず、仕切り直しへ。2度目の立ち合い、作戦を変更した炎鵬は突っ込んできた豪栄道を右にかわして左腕を掴み、そのまま豪栄道の後ろにまわって押し出した。

 AbemaTVで解説を務めた元関脇・寺尾の錣山親方は「(豪栄道が)手を出してくるのがわかっていたので、その手を引っ張りましたね」と大関の撃破に成功した炎鵬の勝因を分析。

 また、敗れた豪栄道に対しては「豪栄道は炎鵬を見えていなかったですね。相手が小さいのでそこまで頭を下げて当たっていく必要はなかったと思うんですけど」と炎鵬の動きが見えていなかったのではないかと指摘した。

(AbemaTV/大相撲チャンネルより

▶【映像】炎鵬が豪栄道を撃破(28分頃~)

【映像】大相撲LIVE 初場所(幕内後半)九日目
【映像】大相撲LIVE 初場所(幕内後半)九日目
【映像】大相撲LIVE 初場所(幕内前半)九日目
【映像】大相撲LIVE 初場所(幕内前半)九日目