こういうところが“モテ”会長 佐藤康光九段「理想のタイプは妻」を後輩棋士が「私もそれで」と継承
番組をみる »

 サラリとこんなことを言ってのけるあたりが“モテ”と呼ばれる秘密なのかもしれない。日本将棋連盟会長でもある佐藤康光九段(50)が、女性の理想のタイプについて「妻」と答えていたことを後輩棋士・広瀬章人八段(33)が紹介。ヴァイオリンを弾き、若きころからルックスでも人気となったモテキャラである佐藤九段だが、改めてその理由がクローズアップされた。

▶映像:モテキャラ佐藤康光九段「理想のタイプは妻」

 佐藤九段の話題が出たのは、本人とは全く関係ない場面。プロ将棋界初の団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」出場に向けて、広瀬八段は自らドラフトで指名した青嶋未来五段(25)、黒沢怜生五段(28)と共通の趣味である麻雀で、チームワークを高めていた。番組企画として時折挟まれる質問の一つに「かわいいと思う女性」というものが出てくると、広瀬八段は自らのことではなく、先に佐藤九段のことを語り出した。

 女性のタイプと解釈した広瀬八段は「佐藤康光会長が『私のタイプは妻です』と言ったらしいんですけど、私もそれでいいですか。私のタイプは妻です」と笑いながら“継承”。他の回答を避けたのか、それとも本心か。いずれにしても、モテ会長が過去に放った一手を借りて、その場をしのぎ切っていた。

◆第3回AbemaTVトーナメント

 持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行い、1回の対戦は三番勝負。3人1組の12チームが、3チームずつ4つのリーグに分かれて総当たり戦を実施。1対局につき1勝を1ポイント、1敗を-1ポイントとし、トータルポイントの多い上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出する。優勝賞金1000万円。

◆出場チーム&リーダー

 豊島将之竜王・名人、渡辺明三冠、永瀬拓矢二冠、木村一基王位、佐藤康光九段、三浦弘行九段、久保利明九段、佐藤天彦九段、広瀬章人八段、糸谷哲郎八段、稲葉陽八段、Abemaドリームチーム(羽生善治九段)

ABEMA/将棋チャンネルより)

▶映像:モテキャラ佐藤康光九段「理想のタイプは妻」

佐藤康光九段の好手を借りる広瀬章人八段
佐藤康光九段の好手を借りる広瀬章人八段

▶映像:男性棋士、結婚相手なら女流棋士より「女流雀士」

若手棋士の素直な意見
若手棋士の素直な意見