がっぷり四つの第2局 木村一基王位 対 藤井聡太七段 2日目は3時間半で11手進行/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が7月14日、北海道札幌市「ホテルエミシア札幌」で行われている王位戦七番勝負第2局で、木村一基王位(47)と対局中だ。1日目には、自身初となる封じ手を行ったことでも注目を集めたが、肝心の対局はじっくりと濃厚な進行に。早々に激しい戦いとなった第1局とは違い、がっぷり四つといった戦いになりそうだ。

▶中継:藤井聡太七段、王位獲得へ連勝なるか 第2局決着の2日目

 第1局は、先手番から積極的に攻めた藤井七段が、受けの名手である木村王位の粘りを振り切り快勝。同時期に行われているヒューリック杯棋聖戦五番勝負とともに、最年少タイトル獲得記録がかかる番勝負で、大事な初戦を制した。

 第2局は、反撃を狙う木村王位の先手番。得意の相掛かりを採用すると、1日目まで40手目まで進んだものの、まだまだ本格的な戦いはこれからといったスピードで進行した。ちょっとした変化で一気に進行、形勢が傾く可能性もあることから、両者とも長考があり、午前9時から再開した対局は、午後0時30分までの3時間半で、41手目から52手目まで、進んだのは11手だった。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制。終局は夕方から夜になる見込み。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

木村一基王位 ビーフシチューセットランチ 藤井聡太七段 ビーフステーキカレーセットランチ

【昼食休憩時の残り持ち時間】

木村一基王位 2時間35分(消費5時間25分) 藤井聡太七段 2時間24分(消費5時間36分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第61期 王位戦 七番勝負 第二局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太七段
第61期 王位戦 七番勝負 第二局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太七段