藤井聡太棋聖、勝てば二冠に王手!木村一基王位と第3局開始/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖(18)が8月4日、木村一基王位(47)と王位戦七番勝負第3局を開始した。ここまで2連勝の藤井棋聖は、本局に勝利すれば最年少でのタイトル二冠に王手をかける。勢いに乗る藤井棋聖が突き抜けるか、粘りが信条の木村王位が反撃するか。

▶中継:藤井聡太棋聖、3連勝で二冠王手なるか?木村一基王位と王位戦第3局

 藤井棋聖は先月16日に、渡辺明二冠(36)から棋聖のタイトルを奪取。史上最年少、17歳11カ月でのタイトル獲得という新記録を打ち立てた。その後、竜王戦では丸山忠久九段(49)に敗れたものの、順位戦B級2組で3連勝、トップ12の棋士が集まる将棋日本シリーズ JTプロ公式戦でも初戦を突破しベスト8に入るなど、引き続き将棋界をリードする存在として快進撃を続けている。今年度の成績も20局で17勝3敗、勝利.850(公表分のみ)と圧巻だ。

 対する木村王位は昨期、藤井棋聖とは対照的に46歳3カ月という史上最年長での初タイトルを獲得したことで知られる棋士。ベテランながら経験と将棋ソフトでの研究をうまく噛み合せたこともあり、若手棋士が続々と台頭してくる中、8つのタイトルを4人で分け合う中、唯一の40代タイトルホルダーとして君臨している。

 今シリーズは熱戦続き。第1局は藤井棋聖が果敢な攻めで、受けの巧者である木村王位を押し切って先勝。第2局は、終盤まで木村王位が優勢で進んだものの、藤井棋聖の逆襲が実り連勝した。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制。先手は藤井棋聖。戦型は矢倉になった。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

王位戦 七番勝負 第三局 1日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第三局 1日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖