藤井聡太棋聖が一気に奪取王手か 木村一基王位の反撃か 戦型は矢倉でじっくり進行/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖(18)が8月4日、木村一基王位(47)と王位戦七番勝負第3局を開始した。シリーズ成績は藤井棋聖の2勝。本局に勝利すれば、史上最年少でのタイトル二冠、八段昇段に王手がかかる。戦型はシリーズ初の矢倉からの出だしになっている。

▶中継:藤井聡太棋聖、3連勝で二冠王手なるか?木村一基王位と王位戦第3局

 最年少タイトルホルダー藤井棋聖と、最年長で初タイトルを獲得した木村王位ということで「最年長VS最年少」というポイントでも注目を集めている今シリーズ。藤井棋聖先手の第1局は角換わり、木村王位先手の第2局は相掛かり、そして藤井棋聖先手の第3局が矢倉と、全て異なる戦型が選ばれている。プロ入り以来、角換わりが代名詞とも言えるほど得意としている藤井棋聖だが、タイトルを獲得した棋聖戦五番勝負でも矢倉を積極的に採用。木村王位も、著書に「木村の矢倉」があるほどの得意戦法だ。

 数々の最年少記録を打ち立てている藤井棋聖だが、今シリーズには2つの記録がかかっている。タイトル奪取に成功すれば、最年少でのタイトル二冠を達成となる。同時に、加藤一二三九段(80)が順位戦A級への昇級で果たしていた八段昇段も、昇段規定の「タイトル2期」を満たすことで、クリアが可能だ。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

木村一基王位 うな重膳 藤井聡太棋聖 神戸牛すき鍋膳

【昼食休憩時の残り持ち時間】

木村一基王位 6時間1分(消費1時間59分) 藤井聡太棋聖 6時間48分(消費1時間12分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

王位戦 七番勝負 第三局 1日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第三局 1日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖