藤井聡太棋聖、二冠&八段に王手なるか 木村一基王位の封じ手開封、対局再開/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の王位戦七番勝負第3局が、8月5日に2日目を迎えた。前日4日に、木村一基王位(46)が46手目を封じ手。開封された後、午前9時から挑戦者の藤井聡太棋聖(18)の手番で再開した。対局はまだ駒がぶつかったばかりで、本格的な戦いはこれからだ。藤井棋聖は、本局に勝利すれば最年少での二冠、八段昇段に王手をかける。

▶中継:藤井聡太棋聖の手番から再開 木村一基王位の反撃は 王位戦第3局2日目

 最年少でのタイトル獲得を果たした藤井棋聖だが、早くも新たな記録更新に近づいている。同シリーズはここまで2戦2勝。棋聖に続くタイトル獲得にあと2勝と迫っている。最終第7局までもつれ込んだ場合でも、最年少での二冠達成。同時に「タイトル2期」を満たすことで、加藤一二三九段(80)が持つ18歳3カ月を上回る、最年少八段も達成する。

 木村王位は昨期、46歳3カ月という史上最年長での初タイトル獲得を果たし、“中年の星”として大きな話題となった。最後まで追い詰めた第1局、終盤まで優勢だった第2局と、藤井棋聖と激しい攻防を展開。何度失敗しても諦めない「百折不撓」の精神を持つ棋士だけに、2連敗スタートであっても逆転での初防衛に向けての闘志は、むしろこれからさらに燃やすところだ。

 戦型は矢倉で始まり、戦いはようやく駒がぶつかったところで、形勢はほぼ互角。本格的な戦いが始まるのは、どのあたりか。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井棋聖。終局は夕方から夜にかけての見込み。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

木村一基王位 4時間26分(消費3時間34分) 藤井聡太棋聖 3時間48分(消費4時間12分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

王位戦 七番勝負 第三局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第三局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖