藤井聡太棋聖、勝てば二冠に王手 木村一基王位との戦いはこれから本格化/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖(18)が8月5日、王位戦七番勝負第3局で、木村一基王位(47)と対局中だ。シリーズ開幕から2連勝中の藤井棋聖は、本局に勝利すれば最年少での二冠、八段昇段に王手をかける。両者、矢倉を採用した対局は、1日目からじっくりとした進行。藤井棋聖が攻め、木村王位が受けという戦いで序盤から中盤に突入しそうだ。

▶中継:藤井聡太棋聖、タイトル二冠に王手なるか 木村一基王位と対局中 王位戦第3局2日目

 最年少タイトルホルダーとなった藤井棋聖だが、次なる記録として期待がかかるのが、二冠と八段昇段。17歳11カ月で最年少でのタイトル獲得を果たしたが、二冠となると羽生善治九段(49)の21歳11カ月が現在の記録。王位奪取に成功すれば、3歳近く更新することになる。また八段昇段の記録は加藤一二三九段(80)が持つ18歳3カ月。「タイトル2期」が八段の昇段規定の一つで、こちらも奪取とともに更新する。ただし今回の機会を逃すと、他の昇段規定をクリアする可能性はないため、記録更新のラストチャンスだ。

 初防衛を目指す木村王位は、対照的に最年長記録の保持者。昨期、46歳3カ月で初タイトルを獲得。四段昇段から22年5か月での初タイトルは、最長記録にもなっている。50代も近づく中、豊島将之竜王・名人(30)から逆転で奪取した劇的なシリーズに、多くのファンの感動を呼んだ。今回のシリーズでも第1局、第2局と熱戦を繰り広げており、藤井棋聖に劣らず応援の声も大きい。

 第3局は、藤井棋聖が矢倉を目指すと、得意とする木村王位も矢倉で対応。2日目の昼食休憩に入る前あたりから、駒のぶつかり合いが増え始めたが、本格的な戦いはこれから。均衡した局面を一気に切り崩すのはどちらか。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井棋聖。終局は夕方から夜にかけての見込み。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

木村一基王位 玉子とじそば膳 藤井聡太棋聖 肉うどん膳

【昼食休憩時の残り持ち時間】

木村一基王位 2時間50分(消費5時間10分) 藤井聡太棋聖 2時間4分(消費5時間56分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

王位戦 七番勝負 第三局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第三局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖