藤井聡太棋聖が42手目を封じ手 勝負のターニングポイント 木村一基王位と形勢・持ち時間互角で2日目へ/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の王位戦七番勝負第4局1日目が8月19日に行われた。タイトル奪取に王手をかけている藤井聡太棋聖(18)が42手目を封じ手とし1日目が終了。翌20日の午前9時、木村一基王位(47)の手番から再開する。形勢、残り持ち時間ともに互角の折り返し。藤井棋聖は最年少二冠・八段昇段に突き進めるか。

【中継】藤井聡太棋聖、最年少二冠&八段なるか!?王位戦第4局1日目

 熱戦続きの今シリーズだが、第3局まで藤井棋聖が無傷の3連勝。一気に史上初となる10代二冠に王手をかけている。二冠となれば、八段昇段規定にある「タイトル2期」をクリア。新たな記録を2つ作ることになる。封じ手の局面では、藤井棋聖が大きな決断の一手を指すかどうかという、本局のターニングポイントとなっている。

 一方、3連敗で後がなくなった木村王位だが、異名は「千駄ヶ谷の受け師」。驚異的な粘りが特徴で、不屈の精神の持ち主でもある。反撃のきっかけとなる1勝をもぎ取るべく、終盤までリードを奪っていた第2局同様の出だしを選択。途中まで同一局面だったが、自ら工夫を入れた。将棋史で過去2度しかない七番勝負の「3連敗から4連勝」だが、3度目に向けて勝利をあげられるか。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制。先手は木村王位。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【封じ手時の残り持ち時間】

木村一基王位 4時間14分(消費3時間46分) 藤井聡太棋聖 3時間53分(消費4時間7分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第61期 王位戦 七番勝負 第四局 1日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
第61期 王位戦 七番勝負 第四局 1日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第四局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第四局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖