思わぬ夫婦合作?将棋・渡辺明名人、漫画家の妻が“ゴルゴ渡辺”化 オリジナルTシャツにファン「めちゃくちゃほしい!」
番組をみる »

 将棋界の頂点に立つ渡辺明名人(棋王、王将、36)が思わぬ夫婦合作(?)を披露した。プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝が8月22日に行われた。渡辺名人、近藤誠也七段(24)、石井健太郎六段(28)のチーム渡辺は、永瀬拓矢二冠(27)、藤井聡太二冠(18)、増田康宏六段(22)のチーム永瀬に敗れて準優勝に終わったが、最後に行われた表彰式で取った笑いでは圧勝という一幕があった。

【動画】渡辺名人の顔がゴルゴ13風に

 戦いを終えて表彰式に登場した渡辺名人は、所司一門の弟弟子である2人との戦いを振り返り、後輩たちが同棋戦に向けて準備を重ねてきたことに対して、労いの言葉をかけていた。近藤七段、石井六段もあいさつを終えて締めのあいさつか、と思われたところで進行役の山口恵梨子女流二段(28)が、渡辺名人の来ていたチームTシャツに話題を振ると、本人もニヤリ。3人の顔がプリントされていたTシャツでは、渡辺名人のまゆげだけが、非常に主張が強いものになっていた。

 実はこのまゆげの件、過去の放送時に自分の似顔絵に眉毛が見えないことを、渡辺名人が気にかけていた。その上で「(漫画家の)妻が、有名なゴルゴ13を見ながら描いたんですよ。強そうな感じをイメージして」と紹介。渡辺名人の妻は、「将棋の渡辺くん」の連載を持つ伊奈めぐみ。夫が気にしているポイントを、強烈な形でフォローすることになったようだ。

思わぬ夫婦合作?将棋・渡辺明名人、漫画家の妻が“ゴルゴ渡辺”化 オリジナルTシャツにファン「めちゃくちゃほしい!」

 決勝では、予想外の5連敗でストレート負けだったため「すいません。完全にネタだけの人になった」と自虐したが、中継していたABEMAの視聴者は大盛りあがり。「ゴルゴwww」「違う人になってる」「エンタメ素晴らしいよ」「奥さま素敵!」「ネタ名人」「ナベの勝ち」「めちゃくちゃほしい!」と、絶賛のコメントが溢れかえった。

◆第3回AbemaTVトーナメント

 持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで対局。全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。対局者は各対局前に決定する。優勝賞金1000万円。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

第3回AbemaTVトーナメント表彰式
第3回AbemaTVトーナメント表彰式
ついに決勝!第3回AbemaTVトーナメント<チーム渡辺 VS チーム永瀬>
ついに決勝!第3回AbemaTVトーナメント<チーム渡辺 VS チーム永瀬>