ファンの皆様、朗報です!元豪栄道・武隈親方、ネット上の愛称「GAD」にお墨付き「愛着を込めて言ってもらえてうれしかった」
番組をみる »

 元大関・豪栄道の武隈親方が、現役時代からネット上で呼ばれていた愛称「GAD」について、「愛着を込めて言ってもらえるのはうれしかったです」と、お墨付きを与えた。

【動画】元豪栄道の生解説

 史上10位の大関在位33場所と、長く大関の地位を守ってきた武隈親方は、今年1月の初場所で引退。その後は後進の指導にあたっていた。9月21日の秋場所九日目には、ABEMAの相撲中継に、初めて解説で登場。対戦経験がある力士が多い中入り後の取組で、的確な指摘にプライベートな話題も交えながら、難なくこなしていた。

 実況を務めた清野茂樹アナウンサーから、取組の合間にABEMAのコメント欄でもよく見られていた「GAD」(豪栄道の頭文字を取った愛称)について聞かれると「そうっすね。愛着を込めていってもらえるのはうれしかったです」と笑顔を見せると、面と向かって言われたことはあるかという問いには「なかったですね」と即答。迫力のある力士だったこともあり、清野アナから「そんな勇気のある人は…」という言葉が出ると「ふふふ」と笑っていた。

 この他、好物の焼き肉はタンとハラミが欠かせないこと、現役時代10年以上使っていたタオルの黄色はラッキーカラーだったこと、現役引退後の体重は「もう少し痩せるかと思ったら、意外と落ちない」ことなどが明かされた。

(ABEMA/大相撲チャンネルより)

現役時代の思い出からプライベートの話題も
現役時代の思い出からプライベートの話題も