連覇に向けて初戦突破!渡辺明JT杯覇者、高見泰地七段下し準決勝進出/将棋・JT杯
番組をみる »

 将棋の早指し棋戦・将棋日本シリーズ JTプロ公式戦の2回戦第4局が9月22日に行われ、渡辺明JT杯覇者(名人、棋王、王将、36)が高見泰地七段(27)に114手で勝利し、準決勝進出を決めた。

 自身初の名人位を獲得し、現在最多の三冠を保持、将棋界の頂点に立っている渡辺JT杯覇者は、相矢倉の出だしから序盤、中盤ではやや不利かと思われる局面もあったが、激しい攻め合いになった終盤から徐々にリードを奪うと、その後はさすがの寄せ。反撃の機会を与えず、力強く勝ち切った。

 渡辺JT杯覇者は準決勝で、名人戦で戦った豊島将之竜王(叡王、30)と対戦する。

ABEMA/将棋チャンネルより)

2020年度「将棋日本シリーズ」二回戦第四局 渡辺明JT杯覇者 対 高見泰地七段
2020年度「将棋日本シリーズ」二回戦第四局 渡辺明JT杯覇者 対 高見泰地七段
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
将棋日本シリーズ JTプロ公式戦
ABEMA