羽生善治九段、2年ぶりのタイトル戦は竜王戦七番勝負最短、52手での黒星スタート「そういう決着もあると思った」
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第1局が10月9、10日に東京都渋谷区の「セルリアンタワー能楽堂」で行われ、タイトル通算100期の大記録を目指す羽生善治九段(50)は、豊島将之竜王(叡王、30)に52手で敗れた。52手は、竜王戦七番勝負としては最短記録。対局開始直後から、非常に激しい戦いになると、2日目に入ってからも一手一手が勝敗に直結する進行に。リードされてから逆転の一手が見つからず、2年ぶりのタイトル戦は黒星からのスタートとなった。

【中継】豊島竜王が羽生九段に快勝した一局

 想定外の超急戦だった。先手番だった羽生九段は矢倉を選択したが、豊島竜王が後手番から早々に仕掛けると、異例とも言える超急戦に。勝利した豊島竜王も「20手ぐらいで終盤になった」という一局は、1日目で26手という短い手数で封じ手に。明けて2日目も激しい戦いが続くと、52手という記録的な短手数で決着がついた。

 対局後、羽生九段は「駒がぶつかった後に、いくつか分岐があったと思うんですが、そのあたりの選択に誤りがあったような気がします。(52手は)かなり最初から決戦になってしまったので、そういう決着の仕方もあるかなと思っていました」と振り返っていた。また第2局については「気持ちを新たに頑張っていきたいと思います」と短く語った。

 第2局は22、23日、愛知県名古屋市の「亀岳林 万松寺」で行われる。先手は豊島竜王。

ABEMA/将棋チャンネルより)

第33期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段
第33期 竜王戦 七番勝負 第一局 2日目 豊島将之竜王 対 羽生善治九段